OL羞恥地獄!姉と弟の近親エクスタシー遊戯 その1

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

 白い壁に囲まれた、無機質的な部屋の中。

 美加は身体を固くしたまま、うつむいてじっと立っていた。美しい顔が青ざめている。

「さあ、どうするんですか? 残り時間はどんどん少なくなっていきますよ」

 正面の椅子に腰掛けた三上が、笑いをふくんだ声で言った。しみひとつない真っ白なスーツに身を包み、髪をオールバックになでつけている。大企業の御曹司らしく物腰は柔らかだったが、サングラスの奥に光る目は冷酷そのものだ。

 ここは都内にある、とあるビルの地下。たったひとつの出口であるドアは、美加のすぐ近くにあった。しかし、その外には屈強な男たちが何人も控えている。かよわいOLの美加がこの窮地から脱出することは、絶対に不可能だった。

「言うとおりにすれば、許してくださるんですね? 一切あとくされなく、わたしたちとは縁を切ってくださるんですね?」

「もちろん、わたしに二言はありませんよ。あなたにも、大切な弟さんにも迷惑をかけることはないし、二度とお会いすることはありません。命にかけて約束します」

「わ……わかり……ました」

 美加は震える指で、OL制服を脱ぎはじめた。




 失踪した父親の消息がわかった……そう知らされて、美加はここへやって来たのである。

 会社の昼休みを利用して、少し事情を聞くだけのつもりで出てきたのだ。ところが、待っていた三上という男から聞かされたのは、思いもよらない――想像するだけで目まいのするような話だった。

「あなたのお父さんですがねえ……ギャンブルに狂ってほうぼうに莫大な借金を作ったあげく、裏シンジケートの金を持って逃げちゃったんですよ。そのために、ある筋から大変な怒りを買ってまして、このままではあなたも、あなたが可愛がっている弟さんも、身辺に危険がおよびかねない状況なんですよ」

「そんなっ! わたしはともかく、弟には無関係です。お金なら、わたしがなんとか……」

「といっても、OLのあなたに返せるような額でもありませんしね。まあ、お父さんはわたしの父の友人でしたし、そのよしみで借金は肩代わりして、その筋の方はどうにかなだめておきましょう。その代わりといってはなんですが……美加さん、あなたにも誠意を見せてもらいたいのです」

「なにを……なにをすればいいんですか」

「難しいことではありません。この部屋には四方にビデオカメラが置いてあります。その前で、服を脱いで素っ裸になってください。ただそれだけです。ただし、タイムリミットは五分です。それを一秒でも過ぎたら、このお話はなかったことにさせていただきます」




 上着にスカート、白いブラウスを脱いだ美加は、躊躇しながらも黒パンストを取り去った。残っているのは、いかにも清潔そうなブラジャーとパンツだけだった。

 手を後ろにまわしてブラを外そうとする。しかし、そこまでが限界だった。かすかな音を立てて回る四台のビデオカメラを前にして、清純な若い女性の心はくじけてしまったのだ。耳の先まで真っ赤になった顔を覆い、美加は泣きながらその場にうずくまった。

「許して……もう、これで許してください」

「残念。五分すぎちゃいましたよ。お話はこれでご破算ですね」

 立ち上がった三上は、無造作に手を伸ばすと、ブラのホックを外して美加の身体からむしりとった。あどけない顔とは不釣合いな巨乳が、ぷるん、と音をたてそうな勢いで露わになった。

「ああっ、そんな!」

「自分で脱げないんだから仕方ないですよね。手伝ってあげますよ」

 三上の手が美加のパンツのゴムにかかった。必死に抵抗する美加だったが、男の力の前では無力も同然だ。足からパンツを引き抜かれると、美加は両手で乳房と秘部を隠しながら、前のめりにうずくまった。美しく円を描いた豊満なお尻が、滑稽なくらい見事に盛り上がっている。

 三上の手には、いつの間にか鞭が握られていた。

「わたしはあなたに誠意を見せてほしかっただけなんです。ただ裸になっていれば、それですべてを水に流していた。いまごろあなたは、何事もなく帰途についていたんだ。しかし、あなたはわたしの思いやりを裏切りました。今からその報いを受けてもらいます」

 ヒュッと風の鳴る音がした。美加の豊かなヒップに、ピシッと冷たい音を立てて鞭が打ち込まれた。

「ひいいいいいいいいっ!! ふっふぎゃあああああ!!」

 美加はわけのわからない悲鳴を上げて、背中をのけぞらせた。鞭の痛みは、瞬間的なものとしては他の追随を許さないという。薄笑いを浮かべながら、三上は二度、三度と、美しいOLの肉づきのよい尻を打ちすえた。




「できません……そんなこと、やっぱりできません……」

 美加はすすり泣きながら訴えた。

 後ろ手に縛られ、台の上にあがった美加は、両足をM字に開いた格好でしゃがんでいる。ふさふさした陰毛に覆われた女性自身が丸見えだ。この状態で、カメラの前で放○することを命じられたのである。

「困った人だなあ。お高くとまった美人OLのプライドってやつですかね? あれもできない、これもできないでは話になりませんよ。仕方がない、こうなったら別の趣向を用意しましょうか」

 三上はパンパンと手を叩いた。ドアが開いて、全裸の男性がふたり、部屋に入ってきた。

 ひとりは三上の部下である筋骨隆々の男。そしてもうひとりは……まだ○学生くらいの華奢な少年だった。上半身を縄でがっちりと縛られ、かわいい顔を真っ赤に染めている。こんな状況にありながら、成長途上にあるペ○スはビンビンに勃起していた。

 美加は息を呑んだ。その少年こそ、美加が普段から溺愛している弟の信一だったのだ。

「信ちゃん!! おっ、弟になんてことを……鬼っ、悪魔っ、けだものよ、あなたたちは!!」

「これも全部、あなたが招いたことなんですよ、美加さん。あなたが最初から言うことをきいていれば、こんな手は使わずにすんだんです。……もうそっちの準備はいいようだな。それじゃ、信一君の[処女]を奪ってさしあげなさい」

「かしこまりました」

 屈強な男が信一の小ぶりなお尻を抱えると、巨大な肉棒をアヌスにあてがった。腰を沈めてゆっくりと挿入する。

「おっ、お姉ちゃーーん!! いっ痛い、痛い、痛いよーーー!!!」

「信ちゃん!! 信ちゃん!! やめてーーっ、やめてーーっ!! 弟だけは……弟にはひどいことしないで!! 何でもします、言うことをききますから、もうやめてください!!」

「後悔先に立たず。理解するのがちょっとだけ遅かったですね」

 そう言いながら、三上も服を脱ぎ去って全裸になった。M字開脚状態の美加に、黒光りのする男性自身をググッと挿入した。そのまま駅弁に持ち上げて、信一に見せつけるようにゆっさゆっさと腰を振った。

「ああっ、ああっ、ああっ、そんなっ、そんなっ!! 見ないで信ちゃん!! わたし、わたし、イッちゃう!! 恥ずかしいのに、こんなに恥ずかしいのに、イッちゃうーーーーー!!!」

「お姉ちゃん、お姉ちゃん、ぼく、ぼく、お尻がっ、お尻が変なの……どうしよう!! 来ちゃう、なにかが来ちゃう!! ああああーーーっ!!」

 次の瞬間、美加の膣と信一のアヌスに、男たちの白濁液がドクンドクンと注ぎ込まれた。




関連記事

タグ : OL 陵辱

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する