美少女JK剛毛全開の大股開き!無垢な股間を直撃するバイブ

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

長編小説 冥(くら)き淫虐の仮面  第3回


前回のお話→ 兄萌え妹オナニー遊戯!暴かれた密やかな快楽



第一章  その3


 兄と妹の野外調教プレイは、いつ果てるともなく続いていた。

 政樹は美里の首にはめられた首輪にビニール製のリードをつなぐと、山道を引きまわして歩きはじめた。四つんばいになった美里を従順な飼い犬に見たてて、お散歩の時間という趣向である。

 キリッとした美少女顔の美里が、犬の耳をかたどった馬鹿げたカチューシャをつけているのが、なまじかわいいだけになおさら痛々しく見える。

「そうだ、犬がパンツを履いているなんて変だよね。犬は犬らしくスッポンポンにならなくちゃ。さあ、その余計な布きれを取っちゃえよ」

「いっ、いやああ……許して、それだけは許して……」

 と口では懇願の言葉を漏らしながら、美里は兄に命じられるまま、最後の砦である純白の下着をするすると脱ぎ去ってしまった。恥ずかしいオナニーを見られ、今また放○シーンを目撃されたことにより、政樹の言うことには絶対に逆らえないという錯覚を抱いているのだ。ついに白パンツまで取り上げられ、野外でありながら一糸まとわぬ全裸になってしまった美里は、無様な姿で地面に這いつくばっている。美しい顔とはアンバランスな巨尻の奥、少女特有のむっちりした太股のあいだからは、ボウボウの剛毛に覆われた女性器が露出していた。

「美里は本当に悪い子だな。虫も殺さないようなおすまし顔して、アソコはモジャモジャの黒ジャングルじゃないか。うわー、ケツ毛までびっしりだぞ、とんだ女子高生もあったもんだよな。やっぱり、毎日オナニーばかりしてるとこんなふうになるんだろうな」

「もうやめて、意地悪なことは言わないで……ああ、もう許してください……誰か来ちゃう……みっ、見られちゃう!」

「大丈夫だよ、誰か来たら、川で水遊びしていたと言えばいいんだ。美里はまだまだはめを外したい年頃だから、それで多分見逃してもらえるよ。もし警察に通報されてもすぐに釈放されるって。もっとも、パパとママ、担任の先生は警察署に呼ばれるだろうけどね」

「いっ、いやあ……」

「そうなったら、ぼくに命令されたって正直に言えばいいんだよ。でも、そうなると今日撮影した写真を、証拠物件として押収されちゃうなあ。美里がお外で素っ裸になってるところとか、平気で巨尻を出して大量にオシ○コする決定的瞬間とか」

「やめて……もうやめて……せめて、せめてパンツを……」

 と消え入りそうな声で懇願しながら、美里は必死であたりをきょろきょろと見まわしている。こんな姿を人に見られたら……という切羽つまった思いが、普段お高くとまっている女子高生の心をいっぱいに満たしているのだ。政樹は笑いをこらえるのに苦労した。この場所は実のところ私有地なのだから、他人が入ってくる心配はないのだ。

 美里の心配をよそに、政樹はリードを引っぱって、山道や草むらを縦横無尽に引きまわしていった。四つんばいになった美里は、プリプリした巨尻を振って懸命についてくる。ボウボウの陰毛が風になびいて、汚れを知らないアヌスはヒクヒクと収縮している。学園で美里に憧れている男子どもがこのとんでもない光景を見たら、ショックのあまり射精してしまうかも知れない。




「だいぶ疲れたようだね。膝が痛いだろう、もう立って歩いてもいいよ」

「はい……お兄さん……いえ、ご、ご主人様」

 涙で顔をぐしゃぐしゃにした美里は、のろのろとした動作で立ち上がったが、ふいにはっとしたように胸と股間を押さえた。犬から人間に戻った途端、羞恥心も一足飛びに回復したようだ。だがリードを握る政樹の力が緩んだわけではなかった。美里は首輪をぐいぐいと引っぱられて、山林の中にある木造の粗末な小屋の中に引っぱり込まれた。

 ここは昔の炭焼き小屋である。昭和の中ごろまでは使われていたようだが、もちろんいまでは立ち入る者もなく荒れ果てている。

 やっと屋内に入ることができて、美里はほっとしたようだ。

「ねえ、お兄さん、も、もう十分でしょう。パンツを……服を返してください」

 ビシッ!と政樹の平手打ちが飛んで、美里は畳敷きの部屋に倒れ込んだ。

「あうっ、な、なんで……どうして、こんなっ」

「まだわかってないようだな。飼い犬のくせにご主人様に対して要求を出すとは、まったくおれも舐められたもんだぜ。おら、股を開くんだよ、バカ犬。オナニー中毒になったいやらしいマ○コをしっかり見せてみろ」

「ううっ、ご、ごめんなさい! ごめんなさい! 謝りますから、もう生意気なことは言いませんから、だから乱暴しないで……」

「なんだよ、これは。アソコがグショグショの大洪水になって、太股まで糸引いてるじゃないか。お外でマッパになっただけで興奮しちゃったのか? ところかまわずオナニーしたくなっちゃう淫乱女なのか? こんなマ○コを引っさげて優等生を気どってるんだから、近ごろのJKは油断がならないよな。こういうふしだら女を放っとくと、金をもらって中年男に平気で股を開くアバズレができあがるんだろうなー」

 などといいかげんなことを言いながら、政樹の指先は美里の無垢な二枚貝をクチュクチュと刺激して、甘美きわまる女の快感を引き出していった。経験の浅い少女を問答無用で絶頂に導くその技術は、まさに悪魔の指と言ってよかった。かつて味わったことのない感覚に翻弄され、美里は脊髄反射のように背中をビクつかせ、激しくエビぞりながら悶えた。

「あっ、あっ、あっ、ああっ、なにっ、なにこれ! こんなの……こんなの、初めて!」

「自分でいじるより何十倍もいいだろう。おー、いっちょまえにのけぞってるじゃないか。女子高生でここまで開発されたクリも珍しいよな。さすがに毎日マンズリで鍛えてる美里ちゃんは違うねえ。んー、イキそうなのか? 天に昇るのか? そうか、じゃあ、やめちゃおーっと」

「ああっ、どうしてっ、どうしてっ! いかせてくださいっ、ひと思いに、いかせてっ、いきたいのっ!」

「そんなにイキたいのか? それじゃあ、仕上げはやっぱりこれだよなー」

「ああっ、それは! どうしてっ……どうしてそれを、お兄さんが!」

 政樹が取り出したのは、一見したところ人気アニメキャラのフィギュアに見える玩具だった。だがその実体は、スイッチを入れると全体がブルブルと振動するというシロモノだ。肩こりのためのマッサージ器という建前で、いまや女子中高生たちの間でひそかな人気商品になっている。もちろん、少女たちがこれを何のために使用するかは、改めて言うまでもないことだった。

 数週間前、美里は学園の友人たちとお小遣いを出し合って、この電動マッサージ器をこっそり購入した。それからしばらくのあいだ、何人もの乙女たちの股間をさんざん慰めた末、数日前にようやく美里の手元に戻ってきたのである。美里が政樹の部屋でAVを見ていたように、政樹も美里の部屋にあるいかがわしいグッズについては熟知しているのだ。

 少女たちに人気のアニメキャラが、いやらしく振動しながら美里のクリト○スを直撃した。

「ひっ、ひいいいいいっ! だめっ、だめっ、そんな……そんなにされたら、お豆さんが……こわれるうっ!」

「こんなエッチなおもちゃを通販で買いあさってるんだから、とんでもないスケベ娘どもだよなあ。校長先生に言いつけてやろうか? 職員会議やPTA総会で問題になってもいいのか? んん? なんだ、全然聞いちゃいねーじゃねえか」

「いいの、いいの、よすぎるうっ! お豆がっ、お豆がっ! 死ぬっ、死ぬっ、死ぬっ、息が、できないっ……イッ、イクウウッーーーっ!」




 どれくらいの時間が経ったのだろうか。

 意識朦朧とした状態で、全身にありとあらゆる愛撫を受けた美里は、何度も激しい絶頂に達して……はっと気がついたときには、全裸になった政樹に騎乗位でまたがっていた。まさに膣口に巨大なペ○スが押し当てられ、女子高生の処女マ○コを貫こうとしている。

 突然理性を取りもどした美里は、政樹の胸に手を突っぱって抵抗した。

「いやよっ、いやです! それだけはダメっ! 兄妹でそんなことっ!」

「ほー、おまえみたいな淫乱女にも貞操観念があるのか。しかし兄貴の見ている前でオナニーして野外露出して、大量に放○したあげくにバイブで逝きまくったくせして、挿入だけはダメってのは一体どういう価値基準なんだ?」

「な、何と言われても、それだけは……いっ、入れるのだけは……他のことなら何をされても仕方がないけど、い、一線を越えることだけは許されないわ」

 この期におよんでも正論を述べるところなど、誰もが憧れる学園アイドルの面目躍如といったところだろう。もっとも、政樹自身も簡単に美里の処女を奪うつもりはなかった。このお高くとまった妹を、羞恥のどん底に叩き込んで楽しむことが彼の目的なのだ。そのためにも、美里にはまだまだ清純な存在でいてもらわねばならない。

「よし、まあいいだろう。今日のところはシックスナインで勘弁してやろう。シックスナインは知ってるよな、毎日、無臭性AVを見て予習復習している勉強熱心な美里クンのことだから、そういうことには誰よりも詳しいはずだ」

「言わないでっ!……もうそのことは、言わないでください……何でも言うとおりにしますから、意地悪はやめて……」

 美里はおずおずと身体の向きを変えると、両脚を開いて政樹の顔の上にまたがった。挿入を回避するためならなんでもやるという、無垢な美少女にしてみれば精一杯の抵抗が、政樹には面白くてならない。男の舌が美里の二枚貝からアヌスへと執拗に這いまわり、またしても少女の強烈な性感を引き出していった。美里はわけのわからないうめき声を上げると、意を決したように兄のペ○スにむしゃぶりついた。

「むっ、むうううっ! あっ、ああああっ、むぐううううっ!」

「さすがにAVで勉強してるだけあって、初めてのフェラなのにさまになってるじゃないか。やっぱり女子高生の舌はやわらかくて最高だなー。ほら、もっと喉の奥までくわえ込むんだよ!」

「そんな、む、無理……げっ、げぼっ」

「なにが無理だよ、普通に入るじゃねえか。おー、すげえ、クリを舐めるたびに喉の奥が痙攣してるぞ、お豆と喉が連動してんのかな。いやあ、たまらん、JKは何と言ってもフェラが基本だよなー。美里のかわいい顔にかけるつもりだったけど、兄妹でそれは失礼だから、お口の中にいっぱい出してあげるからね、全部飲むんだよ」

 美里は思わず、いやいやをして首を振った。その不意の動作が強い刺激となって発射直前の亀頭を責めたて、はからずもフィニッシュの引き金になった。

「美里っ、かわいいよ、ぼくの美里っ! ううっ、でっ、出るよっ!」

「ひやっ、ひやあああっ、むっ、むううううっ!」

 大量の精子が一挙に放出されて、美里の喉の奥に何度も何度も激しく叩きつけられた。



次回のお話 美少女ノーパン野外露出!淫語責めに反応する学園アイドルの肉体



名作AVご紹介コーナー

現在、制服ものの大御所といえば白咲碧(涼宮琴音)クンでしょう。
この清純ロリ顔でマ○屁が持ち芸というとんでもない女です。

白咲碧

無料サンプルはこちら→ 白咲碧 好奇心旺盛女子校生のM男実験


アイドルものなら定評のソフト・オン・デマンド
ソフト・オン・デマンド


関連記事

タグ : 美少女 陵辱 羞恥