清純JK野外全裸調教・巨尻少女の恥ずかしすぎる行為

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

長編小説 冥(くら)き淫虐の仮面  第一回



 第一章  学園アイドル野外調教・兄萌え妹の堕ちた蟻地獄



「警部、この前お話した件ですが……」

「例の、連続少女凌辱事件とかいうやつかね? しかしね、亜矢子君……いや本城刑事。被害届も出されていないし、何の証拠もなければはっきりした形の証人もいない、そんな雲をつかむような曖昧模糊とした話を、事件として取りあげるわけにはいかないよ。きみのような優秀な刑事の言うことだから、裏でひそかに調べるぶんにはこれまで大目に見てきたが、そろそろ上層部で問題になりはじめている。このままでは、きみを刑事に推薦したわたしの立場というものが……」

「いえ、警部、非常に断片的ではあるんですが、証拠はあります。犯人の指紋や体液も見つかっていますし、被害者の証言もいくつか……それは確かに、証言とは言えないような頼りない記憶にすぎませんが、とにかくそれらを繋ぎあわせることで、少しずつ事件の全容が見えてきているんです。どうかこのまま、捜査を続けさせてください」

「そう言ってもなあ……そもそも、きみは十何件にものぼる同一犯による凌辱事件の存在を主張しているわけだが、被害に遭ったとはっきり自覚している少女がただのひとりもいないというのは、こりゃ一体どういうわけなんだ? 全員が偶然、事件のあとで記憶喪失になったとでも言うつもりかね?」

「そこなんです、警部。この事件の謎を解く鍵は、まさにそこにあるんです!」



      1



 日曜日の郊外には、初夏の穏やかな日差しが降りそそいでいた。

 近くに遊園地があるせいか、幹線道路は家族連れを乗せた車で渋滞している。その混雑を避けるように、政樹は軽自動車を人気の少ない一般道へと走らせていった。東京都下とはいっても、奥多摩まで来ると人家はまばらとなり、鬱蒼と茂った竹薮や林にさえぎられて周囲は昼間でも薄暗い。

 車を降りた政樹と妹の美里は、緑に囲まれた道を歩いていった。やがてアスファルトの舗装路が砂利道に変わり、上り坂の傾斜がきつくなっていく。登山とまではいかないが、ちょっとした山の中ほどまで踏み入っていることは明らかだった。

「あの、お兄さん……どこまで行くんですか? わたし、ちょっと疲れちゃったみたい」

「もうちょっとの辛抱だよ。喉が渇いたんなら、このお茶でも飲んでろよ。今日は一日、ぼくの言うとおりにするって約束だろ」

「え、ええ……それはわかってるんだけど」

 行き先がわからないので、美里は不安になっているようだ。こんな山の中まで来るとは思ってもみなかった。郊外までドライブというから、Tシャツとミニスカという軽装で出てきたのに、これではかなり本格的なハイキングだ。

 美里のすべすべした頬に、汗が光っている。美しい黒髪をお下げに編んで、ぷにぷにした手足を露出したいかにもJKらしい姿に、政樹は思わず生唾を飲みこんだ。美里が戸籍上とはいえ妹という関係でなかったら、とうの昔にもっと簡単な手法で純潔を奪い、その肉体を味わいつくしていただろう。もちろん、政樹はこのかわいい「妹」に対して、そんな芸のない犯し方をするつもりは毛頭なかった。ここで安易な手を使ったりしたら、いくら欲望が満たされたとしても、わざわざ兄の立場になった甲斐がない。

 だいいち、美里はその辺の二束三文の女子校生とは格が違っている。このところドラマで人気の出てきた女優を思わせるキリッとした美貌にくわえ、育ちのよさと礼儀正しさを身につけた彼女は、どこか高貴な雰囲気さえ漂わせている。明るい性格で清純可憐な美少女である美里に憧れを抱く男子生徒は、いまや学園内には数えきれない。おそらくクラスの男子のほとんどが、美里のことを想像しながら毎日のオナニーに励んでいることだろう。こんなハイレベルの少女には、最高の恥辱を味わわせてからすべてを奪うのが、それ相応の礼儀というものだ。



 かなり高みまで登ってきたとはいっても、この場所は山というよりは小高い丘と言った方が正しかった。一面に樹木が生い茂っていて、崖下を見るとゆったりと川が流れている。休日を利用してのハイキングにはもってこいの、緑に囲まれた別天地だ。

「もうこの辺でいいだろう。じゃあこれから、美里の写真を撮るからね。服を脱いで裸になってもらおうか」

「えっ、ええーっ? なにを言ってるの、お兄さん! そんなことできないわ、できるわけないでしょう。わたし、ただ写真を撮るだけだっていうからついてきたのに……だいたい、ここはお外じゃない、こんなところで裸になんて……」

「んー、そうか、そうだよな。考えてみれば、美里はそういうことが一番恥ずかしい年頃だし、外で裸になんてなれないよな。わかった、家に帰ってなにもかもママに打ちあけよう。美里が毎日、いやらしいAVを見てオナニーばかりしてるってことも、ぼくが捨てたエッチな本をわざわざ拾ってきて、ベッドの下に隠してることも。それから、まだあったな、いつだったか友達とお金を出しあって、通販で変なもの買ってたよね。あれ、たまたま受けとったのがぼくだからよかったけど、もしあの厳しいママにバレてたら……」

「いっ、いやっ、やめて……わかったから! 言うとおりにするから! だから、ママには言わないで!」

 美里は大きな木の陰に隠れながら、おずおずとした手つきでTシャツとミニスカを脱ぎ去った。ゆっくりと政樹の前に現れたときには、情けないパンツ一丁の姿になっていた。小さな両手で必死に胸と股間を隠している。真赤になった顔を左右に振って、誰か人が来ないか気にしているようだ。お高くとまった美少女の美里が羞恥に震える姿が、政樹にはいとおしくて仕方がなかった。

 美里は夢にも知らないことだが、この山は彼女の家に代々相続されてきたもので、今は母親の名義になっている。つまりはあたり一帯が私有地なので、こんな真昼間に堂々と入ってくる者などいるはずもない。せいぜい、早朝に山菜取りの老人が立ち入るくらいのものだ。

「まだ裸になってないぞ。大事なものが一枚残ってるじゃないか」

「これは……だめよ、絶対にだめ! もうこれ以上は……無理よ、お願い、これだけは許して……」

「うーん、まあいいか。それじゃあ仕上げに、これをつけようね」

 政樹はバッグの中から犬の耳をかたどったカチューシャを取り出して、美里の頭にかぶせた。さらに、引き綱のついたビニール製の首輪を、少女のか細い首にはめた。それから美里の脱いだ服を拾い上げ、バッグの中にしまい込んだ。

「さあ、四つんばいになってごらん。美里クンは今からぼくの飼い犬だよ。言うことをきかないと、きみの服を持ったままダッシュで山を降りちゃうからね。そうすると、どういうことになるかはわかるよな? パンツ一丁の格好で家まで歩いて帰ることになるんだぞ」

「や、やめて! もう意地悪なことは言わないで! ああ……いやよ、いやあ、こんな恥ずかしいこと……もう、もういやです、写真を撮るとは言ったけど、こんなことをするなんて約束しなかったわ! お願いだから服を返して! 返してくれないと、わ、わたしにも考えがあります!」

「とかなんとかカッコいいこと言いながら、自慢のヒップのあたりがもじもじしてるじゃないか。わかってるよ、オシ○コがしたいんだろう。さっき飲んだペットボトルのお茶には、利尿剤がたっぷり入ってたからね。これはメチャクチャに強力な薬だから、人間の意志で我慢しようとしても無駄なんだ。山を降りて何キロも行かないとトイレなんてないし、この場で出しちゃうしか道はないんだよ。さあ、はやくしちゃえよ。遠慮するなんて、兄妹のあいだで水臭いじゃないか。それに今の美里は犬なんだから、どこでオシ○コしたっていいんだよ」

 美里は地面に四つんばいになったまま、両手両膝を踏んばって懸命に○意をこらえている。大きな目を見ひらき舌を出して、美少女にはあるまじきブサ顔全開だ。身体の震えに連動して、形のいいバストがぷるぷると上下に揺れているが、もはやそんなものを隠す余裕すらなくなったようだ。すでに忍耐の限界を超えていると見えて、純白の木綿パンツの股間にはうっすらとしみができていた。

「お兄さん……だめ、わたし、もうだめです、我慢が……我慢が……」

「無理すると身体に毒だよ、さっさと出しちゃえよ。犬だから片足上げてするか? あ、そうだ、どうせなら立ってする方がいいよな。無○正AVを見るのが大好きな、まるで男子みたいな美里ちゃんのことだ、お外で立ち小○くらいへっちゃらだよね」

「やめて……そのことは言わないで……ああ、もう、もう……お願いします、普通に、普通に、座ってさせてください……ひいいっ、ああっ、いやああっ、出るっ、出ちゃうっ、見ないで、お兄さん、こっちを見ないでえっ! すっ、少しのあいだだけ、向こうを向いていてください!」

 真赤な顔で叫んだ美里は、ぶるぶると震えながら和式スタイルでしゃがみこむと、おぼつかない手で白パンツを一気に引きおろした。真っ白な巨尻が露出すると同時に、美少女顔からは想像もつかない剛毛に覆われた二枚貝から、黄金色の液体がすばらしい勢いで噴出した。

「ああああっ、いやっ、いやあああっ……はっ、恥ずかしいっ!」



次回のお話 兄萌え美少女オナニー遊戯!暴かれた密やかな快楽


(作者より)

 どうも、こういちです。今回から長編を公開していきたいと思いまして、まあ従来のJSもの短編と交互にやっていく感じ。これまで、出版されるかなーと思ったらやっぱり没になった長編がいろいろあるので、この際一挙大公開するのもいいかなと。

 なんで出版されないかというと、平気でJSやJCものを書くからです(笑)。あと女性の人権は一切考慮しておらず、クライマックスはだいたいオシ○コかウ○コになっちゃうので、これではなかなかメジャーな方へは行けません。それから昨今のラノベ的な書き方が全然できませんからねー。どうせ80年代に生きてるから、ラノベなんて知ったこっちゃないんですけどね。

 さて今回の作品は、これまで書いた短編のシチュエーションを再構成して長編を作ってみました、というちょっと変わった一作。だから一部短編と重複するシーンや表現がありますが、そういうものだと思ってください。



昔はブルマなんて当たり前の光景でしたが……
こんなものがエロの対象になる日が来ようとは

ブルマ

無料サンプルはこちら→ ムレムレブルマバス3

関連記事

タグ : 美少女 陵辱 羞恥