美少女JSはオナニー中毒!初クンニで覚える大人の快楽

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

 住宅街は夕方の日差しに包まれて、平和そのものだった。

 大学の授業を終えた高志は、アパートへは帰らずに郊外にある親戚の家を訪れていた。いとこで小○生である美樹に、算数を教えるのが主な理由だった。美樹は高志のことを兄のように慕っているし、家庭教師代わりに勉強を見てもらえるとあって、美樹の母親である叔母も高志には全幅の信頼を寄せている。

 高志が勉強部屋に入っていくと、美樹は壁にもたれてボーッとしていた。いつもなら飛びかかってきてプロレスごっこをおねだりするのに、今日は全く覇気がない。長澤ま○みを思わせるプリプリした丸顔も、なにやら青白くて目の下には隈ができている。

「どうしたんだ、そんなにぐったりして……そうかー、欲求不満なんだな。おまえみたいなエッチ星人は、オナニーじゃ満足できないんだろう。よしよし、俺がマ○コをいじって気持ちよくしてやるよ」

「やっ、やめてよーっ! そういうエッチなこと言うからわたし……だいたい、全部お兄ちゃんが悪いんだからねっ。もー、お兄ちゃんの言うことなんか信じたわたしがバカだったよー。もうメチャクチャだよ! このままじゃわたし死んじゃうよー。死んだら化けて出てやるからねっ!」

 高志の言ったとおり美樹はエッチ星人なのだが、そのじつ奥手で真面目っ子である。これをやるとスッキリするぞ、と高志にそそのかされ、○年生になってようやくオナニーを覚えたものの、オッパイやアソコを触らせることはいまだに拒みつづけていた。真性のロリコンであり少女愛好家の高志は、美樹のパンツの下にある秘部に到達するため、あの手この手と策を練っている最中だったのだが……。ここにきて、なにやら面白い展開になってきたようである。

「先月だけど、パパが単身赴任から帰ってたじゃない。そしたらさあ、パパとママ、もう凄いんだよ。家がギシギシ揺れちゃって、地震かと思って目が覚めたんだけどさ、隣からママのエロい声が聞こえてくるわけですよー」

「そりゃあしょうがないよな、まだまだ新婚だし、久しぶりの夫婦エッチだし。それで、おまえは壁に耳を押しつけてマン○リしちゃったんだな。まったくどうしようもない変態だよな、パパとママをオカズにオナニーするなんて」

「そ、そんなこと……そりゃあ、したけどさー。でもわたしが変態だからじゃないよお、あんなにギシギシやるのが悪いんだよ。あれ聞いたら誰でもオナニーしたくなっちゃうよ」



 美樹の母が再婚したのは一年ほど前のこと。ほどなく新しいパパは遠方に赴任してしまい、帰ってくるのは数週間に一度というペースなのである。そして夫婦の寝室は、美樹の勉強部屋から薄い壁ひとつ隔てた隣の一室だ。すぐ隣で三十代の新婚夫婦がガンガンやるのだから、オナニーの虜になりかかっていた小○生にしてみればたまったものではない。美樹はこのひと月ほど、完全なオナニー中毒になって休みなしに股間を慰め続けていたというのである。

「少なくても四、五回はオナニーしないと収まらないんだよ……ううん、週じゃなくて一日に四、五回。授業中でも我慢できなくなって、休み時間になったらトイレに走って行ってやっちゃうんだけど……やればやるほど頭がモヤモヤってなって、ますますやりたくなっちゃうんだよねー。ママのエッチな声が耳について離れなくって」

「すげーなあ、美樹がドスケベなのは知ってたけど、これじゃまるでお猿さんだよな。確かにこのままじゃ死んじゃうぞ、俺にも責任があるから、なんとかすっきりする方法を考えないとなあ……といってもおまえのドスケベは生まれつきだから治らないけどな」

 と言いながら、高志はバッグの中から小さな物体を取り出した。壁にポスターなどを留める画鋲のように見えるが、これこそ最新の当札グッズ。超小型のボディーにカメラと録画機器が内蔵されている。実のところ、高志はこの隠しカメラを勉強部屋に設置して、美樹のオナニーシーンを隠し○りするつもりだったのだが、別の思わぬ使い道が見つかったわけである。

「要するにだな、ママの声だけしか聞こえないから、逆に想像力がかきたてられてオナニー中毒になっちゃうんだよ。いっそのこと、どんなふうにガンガンやってるのか全部見ちゃえばすっきりするってもんだ。このカメラをパパとママの寝室に仕込んで、ふたりがギシギシやってるところをバッチリ録画しちゃおうぜ」

「なっ、なに言ってんのお兄ちゃん? いくらわたしがスケベだからって、そんな無茶苦茶なこと、できるわけ……」

「ふーん、それじゃ、美樹は大人がどんなふうにセックスするのか、見たくないっていうんだな。見たくないんなら、別にいいけどさ。明日からも頭の中モヤモヤで、学園でところかまわずマン○リしてればいいさ」

「ま、待ってよお、誰も見たくないなんて……そりゃあちょっとは……メチャメチャ見たいです」



 美樹が高志のアパートを訪れたのは、次の日曜日のことだった。

 前日、計画どおり(?)にパパが赴任先から帰ってきて、家はギシギシ揺れるしアンアンという声は聞こえるし、美樹が一晩中オナニーしまくったのもいつもと一緒だったが、ただひとつの違いは寝室に仕掛けられたカメラだった。超小型とはいえ、軽く十時間や二十時間は連続撮影が可能だ。昨日の夕食後、美樹はこっそり夫婦の寝室に忍び込んで、超小型カメラのスイッチを入れておいたのである。

 美樹から受け取った小さな物体を、高志はノートパソコンに接続した。

 パソコン画面に、小○生の娘によって当札された両親の姿が再生された。それは、美樹の生涯を通しても、最も衝撃的な映像と言うべきだった。クラスの男子が拾ってきたエロ本くらいは見たことがあるものの、AVの存在さえ具体的には知らなかった無垢なJSである。それがいきなり、たまりにたまった欲望を追求しあう両親の性交シーンを見せられたのだ。

「うわー、こりゃすげえなあ……おとなしくて真面目な叔母さんが、あんなことするなんて」

「うう……うああああ……なに、なにこれ」

 美樹にしてみれば、地面が崩れてなくなったような感覚だったのだろう。かわいい目を見開き、口を半開きにしたまま、無意識のうちにスカートの中に手を差し入れて股間をさすっている。

 もちろんモザイクなどは入っていない、本物のモロ見えビデオである。AVなど飽きるほど見てきて食傷気味の高志でさえ、思わず理性を失いそうになるほどの物凄さだった。美樹のパパとママは、呆れるほど執拗にお互いの性器を愛撫しあったのち、ようやく夫婦合体に至った。正常位、後背位、騎乗位といった基本的な体位は当然のこと、やがてふたりは訳のわからないポーズで結合したまま、いろいろな液にまみれて痙攣号泣しはじめた。

 カメラに全く気づいてないママが、ブサ顔をどアップにしたまま、とんでもない淫語を連呼している。

「やっぱりなあ……美樹がオナニー中毒のドスケベ星人なのは、ママに似たんだな」

「ああ……ああ……わたし、わたし……」

 パンツごしのオナニーでビクビクッと達した美樹は、ショックで軽く気を失ってしまった。



 気がつくと美樹は床の上に寝転がっていて、高志の身体が上からのしかかっていた。

 Tシャツをまくり上げて、JSの乳首をチロチロと舐めあげている。まるで虫刺され跡のような、しかも陥没していたはずのB地区が、いまやビンビンに勃起して肥大しているではないか。

「いっ、いやあああっ、お兄ちゃん、なにしてんのっ!! やめてっ、やめてよおっ、くっくすぐったいよお!!」

 美樹は高志をはらいのけようと、必死に手を突っ張ったが、もちろん大人の男の前では無力も同然である。それでもじたばたと全身をばたつかせ、両手両脚を使って脱出を試みる。いくらオナニー中毒のスケベ娘といっても、実際に身体を触られるとなれば小○生女子には大問題だ。しかし、やがて高志が耳元に口を寄せて、

「美樹、すごくかわいいよ……おまえが一番好きなんだ」

 などと心にもない甘い言葉をささやくと、ぐったりと力を抜いて逆にしがみついてきた。女が陥落する瞬間というのは、大人も子供も同じである。すかさず高志は美樹の唇を奪った。ねじ込むように舌を差し入れると、驚いてビクビクと全身を震わせたものの、すぐに小さな舌でおずおずと応酬してきた。にちゃにちゃっ、レロレロとJSの口の中をさんざん堪能したのち、高志は美樹のスカートの中に手を差し入れ、パンツのゴムに手をかけた。

 もはや美樹には抵抗する気力はない。白いグン○ンがするすると剥ぎ取られ、まだ全く生えてないつるつるのマ○コが露わになった。両膝を持って大股を開かせ、夢に見た少女の秘部に顔を寄せる。

「ホントに悪い子だな、美樹は。こんなにヨダレを垂らして……ビチャビチャのグショグショじゃないか。お兄ちゃんがきれいにしてあげようね」

「えっ、えっ、なに? あっ、やっ、やだっ、そんなところっ!! ああっ、ひっ、ひいいいっ!!」

 膣口に軽く舌を出し入れしたのち、高志は少女の弱点を攻略にかかった。肥大しまくった美樹の陰核○皮をむいて、本体を露出してやると、舌先で円を描くように刺激しはじめた。

「おっ、おあああっ、すっ、すごっ……お兄ちゃん、オナニーと、全然、ちがっ……ああーーーっ、やああああーーーっ!!」

 ものの一分もたたないうちに、美樹は白目をむいて痙攣した。それは一日に四回も五回も繰り返すオナニーとはまるでレベルの違う、初めて味わう本当の女の悦びだった。



みなさん、ロリコンは病気ですよ(笑)
そんなあなたに貧乳もの……実は年増ですけどね

貧乳ロリ

無料サンプルはこちら→ 土屋あさみ他 貧乳のロリ美少女たち

関連記事

タグ : 美少女 ロリ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する