お姉ちゃんの悶絶性教育!姉弟プレイが癖になっちゃう

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

 シャワーの湯が勢いよく流れ落ちる。

 美沙子の弾力のある若々しい肌は、水気を弾きながら桜色に輝いている。すばらしいプロポーションの美沙子に憧れる男子生徒は数多かった。だが、アイドルなみの美人なのにおっとり屋で天然ボケの彼女は、同じ高○の男子にはまるで興味がない。仲良しの弟・隆志といつもべったりであることを、友人たちからしばしばからかわれていた。

 やがて、美沙子の手が豊かな胸に伸びてきた。バストは見事に育っているものの、乳首は陥没している。指先でツンツンと突っついているうち、しだいに充血した乳首が大きく勃ち上がってきた。

「あん……ああん……」

 自分でかすかに声を出してみる。まったくの奥手で性に関してはあやふやな知識しかない美沙子だったが、テレビドラマのエッチなシーンに刺激されて、ときどきこうして乳首やアソコを触るようになってきたのだ。そんな恥ずかしい一人遊びをしながら、心の中に思い描くのは、弟の隆志のことだった。

 小さい頃、一緒にお風呂に入った時に見た隆志の裸体が、美沙子の唯一のオカズなのだ。

 美沙子の指が、いよいよ股間の秘部に触れようとした、そのとき……。

 ドアがカチャリと音をたてた。

「誰? 誰かそこにいるの?」

 慌てて廊下の方に目をやると、ばたばたと逃げていく隆志の背中が見えた。美沙子の頭の中は激しく混乱していた。恥ずかしい姿を……それも単なる裸ではなく、オナニーしているところを見られたというショックもあったが、隆志が覗きをしていたという事実による衝撃も大きかった。もはやオナニーどころではなく、美沙子はあわただしく身体を拭いて服を着た。



 隆志の部屋で正座した美沙子は、いつもの面倒見のいいお姉さんそのものだった。少し顔は紅潮しているが、それは裸を見られたという恥ずかしさのせいだった。

「ねえ、隆志ちゃん。どうしてあんなことしたの? そりゃ、男の子がそういうことに興味があるってことは、姉ちゃんも聞いたことあるけど……隆志ちゃんはコソコソそんな真似をする子じゃないよね? 近ごろ、なんだか変だよ。学園で何かあったんじゃないの?」

「実は、ぼく……ぼく、クラスでいじめられてて……それで、姉ちゃんに……」

「ええっ? いじめられてるの? 隆志ちゃんをいじめるなんて絶対許せないよ、姉ちゃん、中○部の先生ならよく知ってるから、明日話しに行ってこようか? 悪い子にはお仕置きしなきゃ!」

「やめてよー、そんなことしたら、ぼく余計にいじめられるんだからね。ただ……姉ちゃんにお願いがあって……。ぼく、女の人のこと全然知らなくて……みんなは女の子のアソコがどうなってるのか知ってるけど、ぼくだけ知らないから、それが原因でいじめられてるんだ。だから、姉ちゃんのアソコ、見せてくれないかな」

「えっ、ええーーーっ!! あ、アソコって……」

 美沙子はびっくりした。と同時に、少しほっとしたのも確かだった。隆志がお風呂を覗いていたのは、いじめから逃れたい一心からだったのだ。最愛の弟が、ニュースに出てくるような変態の覗き屋であるはずがない。

「でも、だ、だめだよ……アソコを見せるなんて……そんなこと、できないわ」

「そうか……そうだよね、いくらお姉ちゃんでも、こんな時にはぼくを助けてくれないよね。仕方ないから、クラスの女の子に頼んで見せてもらうことにするよ」

「ええっ! そんなの……だめっ、だめだから! んもう、ちょっと見るだけよ、ちょっとだけなんだからね!」

 クラスの女の子と言われた途端に、美沙子は激しい嫉妬心に駆られて訳が分からなくなった。他の女子と隆志がそんなエッチなことをするなど、想像しただけで血が逆流してしまう。顔を真っ赤にして立ち上がった美沙子は、スカートの中に手を入れて、白パンツをするすると引き下ろした。


ゲットマネーでポイントをためよう!(登録無料)
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!



 M字に開いた美沙子の両脚の間を、隆志がしげしげと覗き込んでいる。

 美沙子は耳の先まで真赤になって、ときどきいやいやをするように首を振っていたが、それでも自分からスカートを引き上げ、弟の観察に協力していた。

「へえ、女子のアソコってこんなふうになってたのかー。お姉ちゃん、思ったより毛深いんだね。昔、一緒にお風呂に入ったときはツルツルだったのに、今はお尻までボウボウに毛が生えてるよ。あっ、これがクリト○スっていうんだよね。なんか大きくなってるよ。さっきお風呂でいじってたからかな?」

「も、もういいでしょう……もう十分見たよね? 姉ちゃん、恥ずかしいから……」

「あっ、まだダメだよー、ここをいじるとどうなるのか、しっかり観察しておかないと、またいじめられちゃうんだからね」

 隆志は指先で、美沙子の敏感なお豆をクネクネと刺激しはじめた。

「あっ、あっ、あっ、やあああああん! なにっ、なによこれ? あっ、あひいいいん!」

「うわっ、すごいや、姉ちゃんのマ○コ、口パクパクさせてるよ。ちょっと触っただけなのに、ビショビショのグチョグチョになっちゃった。姉ちゃん、真面目な顔してドスケベだったんだねー。今度はこれを使ってみるね」

 と言いながら、隆志はどこからかローターを取り出してきた。ブイイイイイン!と不気味な音をたてながら振動する先端部分を、円を描くようにじらしながらクリト○スにあてがう。

「なにっ? それ、なんなの? ちょっと隆志ちゃん、なにするつもり? 怖いよ、姉ちゃん怖いよ!! あっ、あっ、ああっ、あくうううっ、飛んじゃうっ、そんなことされたら、変に……なっちゃう!! ひっ、ひいいいっ!!」

 美沙子は全身をのけぞらせて昇天した。これまで、ときどき秘部を軽くいじることはあったが、それはオナニーと言えるほどのものではない。本格的に女の悦びを経験するのは、これが生まれて初めてだった。



 しばらくのあいだ、美沙子は額に汗を浮かべて震えながら、生涯初の絶頂感の余韻に浸っていた。ようやくわれに返って身体を起こすと、目の前には見たことのない奇怪な物体が突き出されていた。

 隆志がズボンとブリーフを脱いで、下半身丸出しになっている。

 いかにも少年らしいほっそりとした下半身は、姉の目から見ても惚れ惚れするような美しさだ。ところが、その股間には何だかわからない、変な形状をした物体がついていて、今や天を衝くような勢いで反り返っていた。

「隆志ちゃん……それは、ま、まさか……でも、でも、そんなわけ……」

「なにぶつぶつ言ってんの? これはオチン○ンに決まってるじゃないか。いくら奥手の姉ちゃんでも、それくらい知ってるでしょ」

「えっ、ええーっ? でも、隆志ちゃんのオチン○ンは、ちっちゃくてドングリみたいで……」

「いつの話してんだよ。ぼくばっかり女子のアソコに触ってたんじゃ不公平だよね。男女平等の世の中だし、姉ちゃんにも男子のアソコを研究させてあげないとねー。だから、今度は姉ちゃんの番だよ、オチン○ンをお口で気持ちよくしてよ」

「お口でって……どういうこと? えっ、えっ、なに? むっ、むぐうううっ、らめっ、らめっ、やめっ」

 隆志は美沙子のおかっぱの黒髪を掴むと、ぐっと顔を引き寄せて口の中にイチモツをねじ込んだ。あまりのことに抵抗する美沙子だったが、それでも最愛の弟のことを気遣って、チ○ポに歯を立てないよう配慮しているところがいじらしい。

「そうだよ、舌で、先の部分をくすぐるようにして……今度は、裏筋から根元までレロレロって舐め上げてみて……いいよ、最高だよっ、姉ちゃんの舌、すべすべしててクラスの女子よりずっと気持ちいいよ! もっと奥まで突っ込んでいいよね」

「むうっ、むうううっ、げえっ、げぼっ、らめえええっ」

「うわーっ、粘膜がからみついて……上あごのザラザラがまたいいんだよねー、マ○コとはちがった気持ちよさだよ。姉ちゃん、ぼくもうイキそうだよ、お口の中に出しちゃっていい? えっ、なに、首を振ってるってことは、いっぱい出していいってこと? わかった、じゃあ思いっきり出すからね! あっ、くうっ、でっ、出るよ、姉ちゃん、姉ちゃん、すっ、好きだよ!!」

「むっ、むぐうううっ、むあああああっ!!」

 ドクン、ドクン、ドクン……隆志の精子が、姉の喉の奥に何度も叩きつけられた。

「全部飲むんだよ、姉ちゃん。ちゃんと飲んだら、もっといいことをいっぱいしてあげるからね!」

 美沙子は弟の引き締まったお尻にしがみついて、涙目になりながら、こくりと頷くだけだった。



こういちの☆AV名作劇場!!
 俺が動画サイトを見はじめるきっかけとなった女優が鈴木ありさである
 とにかく、彼女のアソコが見たい一心だったのだ(笑)
 ちびっこロリ系だが当時すでに26歳の年増だったとは……

鈴木ありさ

 無料サンプルはこちら!!→ おっさん大好き 隣の淫乱娘

関連記事

タグ : 美少女 ショタ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://eronovel2000.blog.fc2.com/tb.php/141-34f59637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック