快感を知った生徒会長!今日もわたしは言いなり奴隷

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 健二は屈託のない足どりで廊下を歩いていった。

 上級生・下級生の区別なく、女子たちの視線が健二の顔に注がれる。女の子と見まちがうばかりの美少年であるうえに、学園始まって以来の秀才だから、それも無理のないことだった。もちろん、外見の美しさから性格を推しはかることはできない。ましてや、彼が特異な趣味と特技の持ち主であることなど、誰ひとり想像もしないのだった。

 生徒会室のドアを開けると、健二は中に入った。室内では、生徒会長の優子が、他の生徒会役員たちと話し合っていた。健二の姿を見て、優子はすっくと立ち上がった。学園随一の才媛らしく、優雅な動作である。長い髪、古風な黒縁の眼鏡が、いかにも冷静沈着なお嬢様という風情を引き立たせている。

「あら、あなた……たしか写真部の部長さんだったわね。何かご用?」

「はい、文化祭の予算について質問したいことがあったもので……」

「そう? じゃあちょっと待ってね、いま関係書類を捜すから」

 優子は後ろを向いて、書類戸棚の中を探りはじめた。そのとき、昼休みの終わりを告げる予鈴が鳴って、生徒会役員たちはあわただしく部屋を出て行った。

 健二は優子に近づくと、むっちりした下半身を覆うスカートを、いきなり乱暴にまくり上げた。良家の令嬢らしい清楚な白パンツが出現した。

「ああっ、だめ!! だめよ、学園でこんなこと……もういやよ、絶対にいや。終わりにしましょう。これ以上そんなことするんなら、わたし、わたし……覚悟があります!」

「先輩がいやだというんなら、僕は何もしませんよ。わかりました、それじゃ、今日で終わりにします。だから、最後にもう一回だけ、ね、いいでしょう、先輩」

「あっ、くっくうっ、耳は……耳はだめえ……今日だけよ、一回だけですからね……」

 優子がしぼり出すようにそう言ったとき、健二の指はすでに少女の白パンツのゴムにかかっていた。豊満な尻、そして太股の上をこれ見よがしに引き下ろして、足から引き抜くとすかさず匂いをかいだ。

「うわあ……なんだこれ、グショグショですよ、先輩。授業中、ずっとエッチなことばかり考えてたんですね。生徒会長がアソコを大洪水にして、他の生徒たちに申し訳が立つんですか? 罰としてパンツは没収しますからね」

「ああん、じらさないで、はやく、はやくイカせてください! オナニーじゃ満足できないの、健二クンにイカせてもらわないと、本当には気持ちよくなれないんです! お願いですから、お豆さんを……わたしのいやらしいお豆さんをいじってください!」

「さあて、どうしようかなあ。もう授業が始まるし……もう終わりにしようって言い出したのは先輩だしなあ」

「い、意地悪言わないで! ここでやめられたら、わたし、気が狂ってしまうわ!」

 にやりと笑った健二の指が、じらしにじらした末にやっと優子の股間に伸びてきたとき……五時間目の開始を告げるチャイムの音が鳴り響いた。



 健二の特技は女を絶頂に導くことである。これは生まれついての才能というほかなかった。

 生徒会長の優子が、健二の毒牙にかけられたのは三ヶ月ほど前のことだった。

 真面目一方でオナニーすら知らなかった少女が、一足飛びに極限のエクスタシーを覚えたのである。しかも、健二の生まれ持った悪魔のようなテクニックにさらされ、普通の女性が何十年もかけて味わう快楽を短期間にむさぼりつくすことになった。少女が快感の虜になるのは当然のことである。



 放課後、優子と健二は肩を並べて、校庭の脇を外れまで歩いていった。

 ふたりとも、手には運動会に使う旗やプラカードを抱えている。これはどこからどう見ても、いらなくなった用具を片づけているようにしか映らない。

 他の生徒に挨拶されると、優子はいつものようにお高くとまった仕草で「ごきげんよう」などと返すのだが、そのじつスカートの下にパンツは履いておらず、股間はビショビショに濡れまくって愛液が太股から垂れているありさまである。

 昼休みの愛撫では寸止めを連発されたあげく、ついに絶頂にはいけずじまいだったので、いまや優子は欲求不満のあまりキレる寸前の状態だった。それを全く表情に出さないところが、さすがにお嬢様であり生徒会長であるといったところだ。

 校庭の一番奥にあるプールの裏手にまわると、プールサイドの下が用具置き場になっている。校舎脇にある体育倉庫には運動部員たちの出入があるが、こんな外れまでやってくる生徒はまず存在しないと言ってよかった。

 用具置き場に入って扉を閉めると、優子は持っていた道具を投げ捨てて、健二の首にすがりついてきた。積極的に唇を重ね、女の方から舌をねじ入れてくる。すさまじく濃厚で激しい接吻である。

 れろれろっ、ぬるっ、ぬちゃっ! 少年と少女の舌がいやらしくからみ合い、唾液を交換し合った。

「ああーっ、あふううっ、くださいっ!! もう生意気なことは言いませんから、健二クンに絶対服従を誓いますから、はやくっください!!  お願いですから、ズコズコッて突きまくってメチャクチャにいかせてくださいっ!! ああーん、何してるのっ、したいんでしょっ!! していいのよ、犯してよっ、はやくうっ!!」

 背中を向けた優子は自分からスカートをたくし上げた。白い豊満なヒップが、薄暗い室内に浮かび上がる。そのままぐっと尻を突き出して、飛び箱に両手を突くと股を半開きにした。生徒会長の立ちバックおねだりだ。



 チャックを下ろして、美少年顔には不似合いなほどの巨根を取り出しながら、健二はまだじらしプレイをやめなかった。

「えー、ボクわからないや、何をどうすればいいんでしたっけ? はっきり言ってくれませんか、先輩……えっ、言えないんですか? じゃあ僕、塾の時間だから帰りますね」

「くっ、ま、まだそんなことを……かわいい顔して、あ、悪魔、鬼っ……言います、言いますから! お、オチン○ン……健二クンのたくましいオチン○ンを、優子の、す、スケベなマ○コに……ぶち込んでください……い、言ったわよ、言ったんだから、ケチケチしないで!! はやくっ、はやく頂戴よ!!」

「まあいいでしょう、先輩にキレられても困りますから、特別に入れてあげますよ」

 健二は生徒会長の充実しきった巨尻を引き寄せると、イチモツを女性の奥深くまで突き入れ、微妙な回転をまじえながら激しく腰を打ちつけた。

 ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ!!

「あっ、ああああっ、あんっ、あんっ、いくっ、いくいくっ……ああっ、またっ、またいっちゃうっ、なにこれっ、止まらない、わたし何回でも……だめよ、だめ、よすぎるっ、よすぎて、しっ死んじゃうーーっ!! ひああああっ、またあっ、もうやだっ……」

「うわー、じらしすぎたせいか、先輩のマ○コ、完全にバカになっちゃってますね。こんな女子○生はじめて見ましたよ。これでお嬢様とか生徒会長とか威張ってるんだから、とんでもないですねー。今日は別れるとか言われて腹立ったから、中に出しちゃいますよ」

「だめよ、中はだめ!! 絶対に、絶対に外に出して!! あっ、あっ、あん、あん、外に、外にっ」

「ええっ、なんですか? 奥に? 絶対奥に出すんですね、わかりました」

「そんなこと、言ってないっ、いっ、いっ、いっくーーーーっ!!」

 ドクン、ドクン、ドクン、ドクン……。

 ふたりがすさまじい恍惚に震えたそのとき、生徒の下校をうながす放送が遠くから聞こえてきた。



こういちの☆AV名作劇場!!
 わが青春のAVをご紹介するこのコーナー
 今日のお題は究極のアイドル・愛内希クンだっ(どんどんどん、ぱふっぱふっ)
 やはりモザ入りだと地味になってしまいますけど、これは名作!
 なにしろ俺が百回以上オカズにした一作ですからねー

愛内希

 詳細ページはこちら!!→ 愛内希 その笑顔もエロさも全部生中出し


関連記事

タグ : 美少女

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。