女教師の絶頂遊戯!裸エプロンでご奉仕します

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

 とあるマンションの一室。

 由美子はコートのポケットから合鍵を取り出すと、ガチャリと玄関のドアを開けた。勝手知ったるよその家に平気で上がり込むと、廊下をズンズンと歩いて、突き当たりにある部屋に滑り込んだ。

 ここは健介の勉強部屋である。思ったとおり、健介はベッドの上で大の字になっていい気持ちで眠っている。いかにも高○生男子らしい、あどけない寝顔だ。

 由美子は健介のつるつるした頬を突っついてクスクス笑い、ふいにコートを脱いだ。

 なんと、その下にはエプロン以外に何も着ていない。若い娘にはあられもない、正義の裸エプロン状態だ。そして、片手にはデジカメを持っている。常識で考えれば痴女そのものだが、健介の家ではこのところ、こうしたプレイ(?)が当たり前のことになっていた。

「うーん、やっぱりまずは、男の子の元気な朝勃ちを記念撮影しなきゃねー」

 と訳の分からんことをつぶやいた由美子は、健介のパジャマのズボンを脱がしにかかった。ブリーフを軽く引き下ろしただけで、ギンギンに勃起した男性自身が天を衝かんばかりに直立した。

「おー、今日も勃ってるねー。タワーリング・インフェルノ、東京スカイツリー、神をも畏れぬ直立不動だね」

 少年のイチモツをいろいろな角度から撮影して、さらに由美子はナニに頬ずりすると、根元から亀頭に向かって舌先でチロチロと舐め上げていった。

「軌道エレベーター、上昇しまーす」

「うわあああっ、なにやってんですか、先生! しかもまた、人の家で素っ裸になって!」

「素っ裸じゃないもーん、裸エプロンだもん。男の子はこういうの大好きなんでしょ。健介クンに元気になってもらいたくてこの格好してみたんだけど、下半身はもともと元気だったみたいね、ちょっと残念」

「いや、元気とかなんとかじゃなくて、これは男の生理現象であって……うわっ、朝からくわえちゃダメだからっ! こんなことばかりやってるから、僕たちこのところ毎日遅刻してるんですよ。昨日、校長先生に怒られたの、もう忘れたんですか!」

「あんなハゲチャビン、関係ないもん。先生、朝御飯まだなのよ、健介クンのミルクいっぱい飲ませてー」

「だから、そういうことはやめなさい!」



 由美子は同じマンションに住んでいる。健介が通っている学園の英語教師だ。

 数ヶ月前、健介の両親は仕事の都合で海外に赴くことになった。高○生の身で一人暮らしをすることになった健介の、保護者代わりに指名されたのが由美子だった。なにしろ学園の教師であるし、すぐ近所というのも都合がいい。真面目で清楚な印象の由美子は、健介の両親から絶大な信用を得ていたのである。

 それが大きな間違いだった。

 健介と由美子は、学園で人目を忍んで乳繰り合う仲だったのである。

 自宅で堂々とエッチできるようになると、由美子の暴走は止まらなくなってきた。もともと真面目一方のカタブツ女だっただけに、反動でブチ切れた状態だ。もっとも、無類の女好きで、学園の教師や女生徒に次々と手を出してきた健介にしてみれば、ちょっと遊びのつもりで処女を奪っただけの話だったのだが……。

「真面目な人間が切れると怖いなあ。由美子先生があんな無茶苦茶なドスケベだったとは……。なんとかしてブレーキをかける方法はないもんだろうか」

 ぶつぶつとつぶやきながら、健介はパジャマを脱いだ。といっても、下半身は由美子によって露出させられているのだが。

 制服を着ようとベッドから立ち上がると、開け放たれたドアの向こうから、シャーシャーと水音が聞こえてきた。浴室で由美子がシャワーを浴びているのだ。

「でも誘惑には勝てないんだよなー。これも男の生理現象というやつです」

 健介は手に取った制服を放り出し、シャツを脱いで全裸になった。



 シャワーの湯はさきほどから際限もなく流れ落ちている。

 浴室の床に座り込んだ健介と由美子は、壁にもたれて並んだ体勢で、お互いの舌を激しく吸い合っていた。

 れろれろれろっ、ぴちゃぴちゃ! にゅるっにゅるっ! 男女の舌と舌が軟体動物のようにいやらしくからみ合う。これはもはや、舌を使っての濃厚なセックスと言ってよかった。

 健介の手は由美子の小ぶりな乳房を愛撫し、さらに下へ下へと侵攻を進めていく。由美子の指も、それにならうように少年の乳首をまさぐっているが、まだまだ技術的にはぎこちなかった。

「ああーん、健介クン、テクニシャンすぎるよ! こんなこと、どこで覚えてくるの? わたし以外の他の女の子と、毎日エッチしまくってるんじゃないの?」

「全部先生のためなんですよ。先生に気持ちよくなってもらうために、他の女を使って鍛えてるんです」

「もう、そんなこと言って、女ったらしなんだからっ! 先生は健介クンに処女を捧げて、ずっと健介クン一筋なのにっ!!」

 ふたりの指がおたがいの秘部に伸びていった。教師と生徒のけしからん性器相互愛撫である。舌と舌は依然として、れろれろ・ぴちゃぴちゃと執拗にからみ合いつづけている。男と女の我慢汁が、床の上で混ざり合いながら流れていった。



「ねえ、もう入れていいでしょ? 先生もう我慢できないの、健介クンのペ○スがほしいの! いいよね、入れてもいいよね!?」

「あー、でもー、もうこの辺でやめないと遅刻しちゃうしなー。今日はクラスの女の子に中出しするつもりだったし、先生に出しちゃうのはもったいないなー。年増のマ○コよりJKの方が締まりもいいし、ケツも垂れてないし」

「いっ、意地悪言わないでっ!! ここでやめられたら気が狂っちゃう、授業になんかならないわよ!! 昨日なんか、職員用トイレでずっとオナニーしてたんだからっ! もうやだっ、はやく頂戴っ、オチ○ポ、オチ○ポを先生の黒マ○コにぶち込んで頂戴っ!!」

 完全にキレた由美子が、大声で隠語を絶叫しはじめた。このままでは近所に聞かれてしまうだろう。健介は由美子の口を手でふさぐと、背面座位で結合することを許可した。狂喜した由美子は、あられもないガ二股の体勢でズボズボと腰を沈めていった。

「入ってくるーっ!! 健介クンのたくましいペ○スが、わたしのマ○コにっ!! あひいいっ、いいよっ、よすぎるーっ!! 聖職者であるわたしの一番恥ずかしい部分を、教え子のオチン○ンがグチャグチャにかき回してるのっ!! 何も考えられないっ、懲戒免職になってもいいのっ、精子が、健介クンの精子がほしいの!!」

「おー、朝からマジ逝きですか、先生。腰の動きが半端ないですよ、聖職者がこんなことでいいんですかねー。でも、年増の垂れかけたケツもたまにはいいなー。せっかくだから、登校前の同時昇天といきますか」

「ああああっ、いいっ、いいっ、一緒に、一緒に、いくっ、いくいくいくーっ!!」

 硬直したまま痙攣している由美子の奥深くに、健介は「そらよっ」と声をかけながら精を解き放った。

「まずいなあ、完全に遅刻ですよ、先生」

「も、もういい……一時間目は自習でいいよ、どうせ、腰が抜けて立てないから……こっちも、ふたりで自習しよっか」

 床の上に倒れこんだまま、ふたりの舌が再びぴちゃぴちゃとからみ合った。



女教師ものはAVの基本ですよね
清純な女をグチャグチャに陵辱するのが面白いんですよ


関連記事

タグ : 女教師

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する