ロリか熟女か!?宇宙分け目の超絶大射精 その1

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長編小説 神様は守備範囲が広すぎます! 第10回



 朝、ベッドの中で目を覚ました浩輔は、ふうっとため息を漏らした。

「夢か……。しかし、ひどいというか、とことんまでくだらない夢だったなあ。ああいうのを本当の悪夢というんだろうな。SFとかエロゲーとか、変なものを見すぎてるのがいけないのか……これからは受験勉強に専念しよう。それにしても、われながらよくあんな馬鹿な設定を思いついたもんだ。エロパワーで宇宙を支配する神様とか、JSに射精しないと地球が消滅するとか、それからあのイカれた娘もぶっとんでたなー。まあ実在しないから、今さらどうでもいいんだけどね」

 ぶつぶつととりとめもないことを呟きながら、憧れの美里先輩をオカズに早朝オナニーでもしようかと思った、そのとき。

 なにやら下半身に、ぷにぷにしたものが押しつけられる感触があった。足の方がいやに盛り上がっている。首をひねりながら布団をはぐってみると……そこにはむっちりボディーの全裸娘が、浩輔のイチモツを枕に熟睡しているではないか。

「うっ、うわああああっ! なんだよっ、夢じゃなかったのか! こらっバカ娘、人のベッドで何してるんだ!」

「ああっ、もう、浩輔様……昨日は宇宙エネルギーを使いすぎてくたくたなんですから、もうちょっと寝かせてください」

「寝るんなら自分の部屋で寝ろよ。だいたい、なんで僕まで素っ裸にされてるんだ?」

「うーん、うるさいなあ……おやすみのフェラご奉仕しようと思ったけど、眠いから途中でやめたんですよ。浩輔様のビンビンのナニから、いい具合にドスケベ光線が放出されてるから、こうやってると熟睡できるんですよねー」

 それだけ言い終わると、由紀は浩輔の股間に顔を埋めて、再び眠り込んでしまった。


 そのとき、トントンとドアをノックする音がした。誰だいまごろ……と考えるまでもなく、親代わりで叔母の圭子さんに決まっている。

「ちょっと浩輔クン、なに騒いでるのよ。そろそろ起きないと遅れるわよ」

「あー、はい、いま起きるから……ちょ、ちょっと待って、開けちゃダメですよ!!」

「ふふふ、なーにを恥ずかしがってるのかなー」

 圭子は楽しそうにそう言って、ガチャガチャとノブを回した。こんな場面を見られるわけにはいかない。由紀のぷにぷにした肉体をはねのけると、浩輔はベッドから飛び降りてドアを押さえに走ったが、一歩遅かった。

 開け放たれたドアから入ってきた圭子と、すさまじく勃起した浩輔の男性自身が、まともにご対面してしまったのである。

 一瞬の沈黙ののち。

「きゃっ、きゃあああああああああっ!!」

「いえ、叔母さん、これは……なんでもないんですよ、単なる生理現象というやつで、ちょっと異常に大きいかも知れないけど、それはなりゆきからこうなっているだけであって、もともとは普通サイズだし色もこんなじゃないし……」

 なんか昨日から、こんな言い訳ばかりしているような気がするなあ……と浩輔は頭を振りながら、なんとか圭子をなだめて部屋から押し出そうとした。ところが、圭子は浩輔の手をすり抜けると、しゃがみこんで下半身にしがみついてきた。

「ちょっと、叔母さん、なにしてるんですか! 目つきがおかしいですよ、やめてください、くわえちゃダメですって!」

「おっ、オチン○ン!! たくましいオチン○ン!! これがほしかったの、ずっとほしかったのよ!!」

 なにしろ、浩輔はドスケベパワーで宇宙を支配する神様である。しかも神様になりたてで力の制御ができてない。ビンビンに勃起したイチモツからはメチャクチャな分量のセックスエネルギーが放出されていて、それは欲求不満のオールドミスにはあまりにも刺激が強すぎたのである。

 圭子は訳の分からない隠語を連発しながら、みずからタイトスカートを大きく引き上げた。

「叔母さん、やめてください……う、うわっ、熟女パンツに黒パンストだよ、すげーっ!! け、毛が……モジャモジャのマ○毛がところどころはみ出して……なんてエッチなんだ!」

「早くっ、早くっ、わたしのいやらしいマ○コに、でっかいオチ○ポをぶちこんでっ、かき回してっ!!」

「うわわっ、そんなところを押しつけたら……なんだよこれ、クリト○スがギンギンに肥大して、パンツとパンストの上からでも形が分かっちゃうじゃないですか」

「ひぎゃあああっ、いくうっ、わたし、もういっちゃうーーーっ!!」

「ええっ? 何もしてないのに達しちゃうんですか? 叔母さんって真面目な顔してすましてるのに、ホントにエッチなんですね。まあ、その齢になっても結婚できないから、欲求不満の隠れドスケベになっちゃうのも無理ないけど……オナニーは週に何回してるんですか?」

「あぐうううっ、な、七回よ、毎晩よっ……あああっ、またっ、またいっちゃう!! これが、これが好きなのっ、子供たちのことなんてどうでもいいのっ、マ○コがっ、マ○コが気持ちよければ他に何もいらないのっ!!」

「うわー、根っからのドスケベなんですね、叔母さんって。偉そうに親代わりとか言って僕に説教しながら、心の中ではいやらしいことばかり考えてたんですね。叔母さんのパイオツ、すげーやわらかいっス」

 浩輔はイチモツで圭子の股間を刺激しながら、むっちりした巨乳を執拗にもみしだいている。

 気がつくと、後ろから由紀が背中をツンツンと突っついていた。

「ちょっと、浩輔様。なにやってるんですか!」

「なにって……叔母さんが何もしてないのにイキまくるんだよ。面白いからついやめられなくって……」

「エネルギー全開にしすぎなんですよ。圭子さん、もう気絶しちゃってるじゃないですか」

 そういえば、圭子はいつの間にか白目をむいて泡を吹いている。やはり結婚したくてもできないオールドミスには、神様のエロパワー直撃は強烈すぎたようだ。

「このぶんじゃ今の記憶は完全に消えてますね。このまま寝かせといて大丈夫ですから、わたしたちはそろそろ登校しましょう。わたしも浩輔様と同じ学園の中等部に通っているという設定ですので」

「えー、おまえと一緒に登校するのか? 友達に噂とかされたら恥ずかしいんだけどな」

「そんな、とき○モみたいなこと言ってないで、さっさと行きますよ!」




DMMの月額動画で抜き抜き!
AVステーション

関連記事

タグ : 年上

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。