2016年08月

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 健一はローターのスイッチを入れた。小さいが強力なパワーを持った大人の玩具が、空気を震わせながら不気味に振動している。

 ぷにぷにした頬にローターを押し当てられ、美樹は背中をビクッとのけぞらせた。

「な、なに……なんなの、これ……」

「知らないはずはないだろう、いつもオナニーに使ってるんじゃないのか?」

「そんな……わたし、オナ……そんなこと、一度もしたことありません!」

「本当かな? でも、もう身体は反応しちゃってるんじゃないか、ほら、ここが感じるんだろ?」

 プラスチックの無機質なおもちゃが、美樹の耳たぶから耳の穴をくすぐった。美樹は喉の奥から声にならない声を上げて、こみ上げてくる快感にかわいい顔をしかめた。

 美樹は中○校のブレザー制服のまま、縄とびで上半身を縛られている。胸はまだぺったんこに近いが、縄が食い込むことで強調されたせいか、ブラウスの上にポッチリと乳首が浮き上がっていた。

 首筋、腋の下、オッパイと満遍なくローターで蹂躙され、美樹はビクビクと震えながらベッドの上に仰向けに倒れ込んだ。

 制服のスカートがめくれ上がり、少女らしく肉づきのいい太股があらわになった。

「さあて、お高くとまったJCのアソコがどんなふうになってるのか、見せてもらおうね」

「いっ、いやあああっ! やめてっ、それだけは……ああっ、パンツは、パンツはいやあああっ」




 中○生になった美樹は、以前のようなグン○ンではなく、肌にぴったりと密着したお洒落なパンツを履いている。健一がスカートの中に手を入れてパンツのゴムに手をかけると、美樹はなぜか自分から小刻みにお尻を振って、脱がそうとする男の動作を手助けした。

「なんなんだよ、これは。口で嫌がってるわりには、マ○コはビショビショの大洪水じゃないか。うわっ、凄いなこいつは……幼い顔してるくせに、アソコはボウボウの真っ黒かよ。ケツ毛までびっしりだぞ。スク水着たら相当ハミ出ちゃうよなー。水泳の時間にみんなおまえのこと指さして笑ってるんだろうなー」

「いっ、言わないで……そんな恥ずかしいことは、言わないで……」

 健一はローターで美樹のクリト○スを責めながら、女子穴に舌を差し入れた。ひいいっ、とか細い声を上げてすすり泣きながら、美樹はいやいやをするように顔を左右に振る。だが、その両脚はこれ以上ないほどに大きく開かれ、完全に男の愛撫を受け入れていた。

「ワレメがひとりでにパクパクしてるじゃないか。そうか、そんなにこいつが欲しいのか」

 男がズボンのチャックを引き下げると、激しく反りかえった凶悪な男性自身が出現した。思わず息を呑んだ美樹は、M字に開いた自分から両脚を軽く持ち上げて、完全なる受け入れ態勢に入った。我慢汁の滴るイチモツの先端が、まさに中○生の膣を貫こうとした瞬間!

 バタン!!と部屋のドアが開いて、高○の制服を着た少女が飛び込んできた。美樹の姉の佐知子である。

「ちょっとあんたたち! なにしてんのよっ、今日はわたしがハメてもらう日じゃないのっ!!」

「あーん、もうちょっとだったのにぃ!! お姉ちゃん、部活で遅くなるんじゃなかったの?」

「こんなことじゃないかと思って、急いで帰って来たのよ、このドロボウ猫!!」




 佐知子と美樹の姉妹は、母親と三人暮らし。

 女ながら外食チェーン店を経営する母は、忙しく全国を飛び回っていて、週に一度くらい帰ってくればいい方だ。海外出張で何ヶ月も留守にすることもある。そこで、大学生のいとこである健一が、頼まれてときどき泊まりに来ているのだ。

 有名大学の学生で、親戚の間でも信頼の厚い健一だが、その本性は真性のロリ○ンだった。

 美人姉妹とひとつ屋根の下で寝起きできるようになると、さっそく佐知子と美樹の処女を奪い、ありとあらゆるプレイでふたりに女の悦びを教え込んだ。

 まだ幼くあどけないJKとJCの姉妹は、いまや健一の男性自身の虜になっていた。




 佐知子はJKだけあって、中○生の美樹とは比べものにならないほど肉体は成熟している。特に巨尻の充実度はすばらしかった。

 制服のスカートを腰までまくり上げられ、あられもなくパンツを引き下ろされると、前戯も受けてないというのにグショグショに濡れそぼった若い二枚貝があらわになった。帰りの電車の中で我慢できなくなった佐知子は、学生カバンの角をこっそり股間にこすりつけて、衆目の中で何度も達していたのである。

 佐知子の好みは羞恥プレイだ。

 四つんばいになったJKの豊満な尻を抱えると、健一はガニ股でググッと腰を落として膣の奥深くまでイチモツを突きいれ、それからゆっくりと抜き去った。佐知子が泣いておねだりするのを待ってから、わざと空気が入るように変な角度で再び挿入する。

 ブブッ、ブーッ!と女にとって一番恥ずかしい音が、勉強部屋の中に響きわたった。

「まったく、女ってのは怖いよなあ。初めての時はあんなに泣いて嫌がってたくせに、今じゃバックで突かれながら平気でオナラをぶっぱなすんだからな」

「ちっ、違うのよ! これは……オナラじゃないの!」

「それじゃあ何の音なんだ?」

「そ、それは……マン……いやああっ、そんなこと、いっ言えない……」

 どうしようもない羞恥心が、佐知子を極限の絶頂に追いつめてゆく。

 何度目かのエクスタシーのあと、静かになった健一をふと振り返ると……健一と美樹が抱き合って、激しいベロチューを交わしあっているではないか。

「ちょ、ちょっと! あんたなにしてんの、今日はわたしが気持ちよくなる番なんだからねっ。出てってよ!!」

「チューするぐらいいいじゃない、もう、ケチ!!」

 捨て台詞とともに健一の後方にまわった美樹は、そのまま男の肛門にやわらかな舌を這わせた。

「くっ、くうううっ、たまらん!! 中○生の舌が俺のアヌスを……最高だっ」

「うわっ、なにこれっ! わたしの中でオチン○ンが、急に……さっきより凄いっ、信じられない、たっ、たくましいっ!! はっ、はがああああっ、またっ、イッちゃううううっ!!」

 白目をむいてのけぞった佐知子の巨尻をぐっと引き寄せ、一気に奥まで突き入れた健一は、ガニ股の下半身を痙攣させながら精を解き放った。



私の好きなAVご紹介コーナー!!
 引退したはずなのにこの新作ラッシュ!上原亜衣の閉店ガラガラセールはどこまで続くのか?
 しかし美人になり貫禄つきましたねー AV女王の称号は伊達じゃないぞ




タグ : 美少女 陵辱


 学校から帰った朋美は、自分の部屋にランドセルを投げ出すと、足音を忍ばせて廊下を進んだ。

 家には他に誰もいないのだから、ことさらに忍び足になる必要はない。それでも、秘密のオナニーに向かうという罪悪感から、足音を立てないような歩き方になってしまうのだった。

 静かにドアを開けて、兄の孝司の部屋にすべり込んだ朋美は、勝手知ったる様子でベッドの下に手を伸ばした。孝司のベッドの下はお宝の山だった。エロ本はもちろん、エッチなゲームやDVDもあるし、そのほかにも小○生の朋美には何だか理解できないグッズもたくさん保管されていた。

 そして、朋美のお目当てはもちろん電動マッサージ器である。普段はなかなか貸してもらえないし、たまに使わせてもらう際にもありとあらゆる意地悪なプレイをされてしまうのだが、ここ一週間ばかりは孝司がゼミ合宿に出かけていて留守なのだ。だから、朋美はエロ本やいやらしいDVDを見ながら、電マでオナニーのし放題という夢のような毎日なのだった。

「でも、お兄ちゃんがいないとつまんないよー」

 と朋美はひとりごとを言った。壁にもたれてあられもなく大股を開くと、もどかしそうに電マのスイッチを入れる。ウイイイイイイン!と不気味な音を立てて、もはやおなじみになった振動が空気を震わせた。

「お兄ちゃん……朋美をいじめて! メチャクチャに意地悪してよーっ!」

 ぺったんこのおっぱい、小さな乳首、お腹、太股と電マを這わせてゆくが、肝心の場所には絶対に触れさせない。これが朋美の大好きなじらしプレイだ。かわいい顔をしかめるようにじっと目を閉じて、孝司にじらされいたぶられることを想像しながら、幼い性感を極限まで高めてゆく。

「ああん、お兄ちゃん……どうして、どうしてマ○コをいじってくれないの? 朋美、何でも言うこときくから……お兄ちゃんのためなら何でもするから、お願い、マ○コを……お豆さんを舐めてください」

 次の瞬間、電マが猛烈な勢いでクリト○スの上に押しつけられた。すばらしいエクスタシーに全身を貫かれ、朋美は顎をのけぞらせて快感を堪能した。この世にこんな気持ちいいことがあるなんて……。まだ小○生のくせに、頭の中はいやらしいことでいっぱいだ。そんな罪悪感が、少女の快感をさらに増幅させるのだった。

「好きぃ……オナニー、好きぃぃぃ……でも、お兄ちゃんに意地悪されるのがもっと好き……」

 波のように断続的に訪れる快感を味わいながら、朋美は涙を流しながら全身を硬直させた。




 孝司が大学の合宿から帰って来たのは、その翌日のことだった。

 夕刻、孝司と朋美は一緒に家を出た。手をつないで、兄妹仲良くお出かけだ。

 朋美の顔は真っ赤になっている。これは久しぶりに大好きなお兄ちゃんと外出できる嬉しさもあるのだが、本当の理由は別にあった。朋美の履いているデニム地のミニスカの下は、スッポンポンなのだった。一緒に出かけるときにはパンツを脱ぐというのが、電マを使わせてもらう交換条件だったのだ。

「ねえ、お兄ちゃん……マズいよ、見えてるんじゃないの? みんな朋美のこと見てるよー」

「大丈夫だよ、アソコはまだ見えてないから。でも朋美のデカ尻のワレメは透けて見えてるかもな」

「いっ、いやあああ」

 朋美は外でエッチなことをささやかれると滅法弱かった。既に幼い股間はビショビショになっている。デニム地のスカートなのだから、お尻が透けるわけはないし、たとえ透けていたとしても、誰も子供のお尻に注意などはらわないのだが……。

 ふたりは小○校の校門をくぐって、夕日に照らされた校庭に入っていった。放課後のこの時間ならば、生徒とその保護者は自由に敷地内に入ってもいいのだ。

 校庭では、朋美の級友たちがゴムとびをやったり、ジャングルジムに登ったりして元気に遊んでいた。

 カッコいい大学生の兄と一緒の朋美は、女子たちの注目の的である。

「朋美ー、こっちおいでよ、ゴムとびしようよー!」

「う……きょ、今日はダメなの。ウサギさんの小屋の掃除当番なんだから!」

 朋美は真っ赤な顔をさらに赤くして、級友たちの誘いを必死に断っている。ミニスカ・ノーパンの状態では、ゴムとびもジャングルジムも絶対に不可能だ。エロい気分が制御できなくなってきた朋美に対して、孝司は追い討ちをかけるように耳元でをささやいた。

「どうした、遠慮しないで遊んでこいよ。そうだ、おまえ逆上がりが苦手だったな。今からコーチしてやろうか。朋美のデカ尻とビショ濡れのマ○コを見たら、みんなびっくりするぞ」

「あーん、やめてよぉ……わたしもう……お外でエッチなこと言われたら、朋美、オナニーしたくてたまらなくなっちゃうよー。やだあ、我慢できないー」




 ウサギ小屋は静かな中庭にあった。放課後、当番になった生徒が掃除をしに来るのだ。

 金網の扉を開けて中に入ると、五、六匹のウサギが隅の方にうずくまっていた。

「さーて、頑張って掃除するか。その前に、朋美の自慢のミニスカが汚れるといけないから、脱いじゃおうねー」

 孝司は朋美のスカートのホックに手をかけた。もちろん、その下にはパンツを履いてない。学園の敷地内で下半身スッポンポンになるというのは、いくらエロいことばかり考えているオナニー星人の朋美でも、予想だにしていないことだった。

「だっ、ダメだよー、お兄ちゃんなに考えてるの? こんなの、先生とか友達に見られたら、わたし変態だと思われちゃう。もう絶対お嫁に行けないよー」

「思われちゃうもなにも、おまえはもともとド変態じゃないか。週に二十回もオナニーして、ノーパンで出歩いてアソコをビショビショにしてる小○生なんて、おまえの他に誰がいるんだよ。さあ、朋美ちゃん、変態は変態らしくマ○コを丸出しにしましょうね」

「いっいやああああ、許してぇ、帰ったらなんでもするから、ここではいやらしいことしないでぇ!」

 などと口では拒否しながら、自分から豊満なお尻を振って、スカートを脱がそうとする孝司の動作を補助している。すぐにミニスカがするりと落ちて、固太りの白いお尻が無防備に露出した。

「しばらくかわいがってやれなかったからな、今日はいいことしてやるよ。こいつは電マより何倍も凄いぞ」

 孝司はポケットから小さな物体を取り出した。小型だが超強力なモーターを備えたピンクローターである。立ちバックの体勢でお尻を突き出した朋美を、後方から抱きかかえるようにして、振動するローターをアヌスにあてがった。

「えっ、なに、なに? だめ、そんなところ絶対にダメ!! お尻は……お尻の穴はいやなの! お兄ちゃん、頭がおかしいよ、朋美、そんなところ気持ちよくないもん! だから、やっやめ……あっ、ひぐうううう!!」

 いつも電マで最高の快感を味わっている朋美だが、それは股間全体に振動を受けての気持ちよさである。小型の超強力ローターは、まだ開発途上にある幼い少女のアヌスとクリト○スに、いまだかつてない攻撃を加えて容赦なく蹂躙した。

「なによー、なによこれ! 朋美、バカになっちゃう! ああーっ、もうどうなってもいい、ギモヂいいーっ、よすぎるぅっ!!」

 朋美は中腰のまま、豊かなお尻を四度、五度と前後にビクビク震わせ、だらしなく舌を突き出した表情で背中をのけぞらせた。次の瞬間、少女の股間から大量のオシ○コが勢いよく噴出した。歓喜の失禁である。




 バタバタと大勢の足音がして、級友の少女たちがウサギ小屋の方に走ってきた。

「朋美! あれー、朋美は……どこ行ったんですか?」

 イケメン大学生の孝司を前にして、JSたちはみんな軽く赤面している。朋美は大きなバケツの陰に身を潜めているので、友人たちからその無様な姿を見られることはなかった。

「あいつなら、かくれんぼするって出て行ったよ。どこかその辺に隠れてるんじゃないかな。探してごらんよ」

 ようやく少女たちがいなくなると、孝司は隅にしゃがみこんでいる朋美を覗き込んだ。

「どうしたー? 腰が抜けちゃったか。やっぱり外でエッチなことするのは嫌いか?」

「ううん、最高だよ。朋美、お兄ちゃんに意地悪されるのが一番好き。もうわたし、ド変態のオナニー星人でいいよ、お嫁に行けなくてもいい。お兄ちゃんのお嫁さんになるよ!」

 汗と涙でグショグショになった顔で、朋美はにっこりと微笑んだ。



私の好きなAVご紹介コーナー!!
 ロリ系では一押しのカワイコちゃん(死語)、われらの川越ゆいの制服もの
 というか、高校時代に好きだった女に似てるもんで(笑)
 お顔は幼いけど脱げば結構ムッチリなのがいいですねー




タグ : ロリ


 朋美はようやく宿題を片づけると、ノートを閉じてシャーペンを置いた。

 夕刻、外は暗くなりかかっている。両親はまだ仕事から帰っておらず、家にいるのは朋美と、大学生の兄・孝司だけだった。勉強机の椅子から立ち上がった朋美は、兄の部屋でゲームをやろうと思って廊下に出た。

 小○校○年生の朋美は、おかっぱ頭にミニスカートがよく似合う。小柄だがぷにぷにと肉がついていて健康的な美少女だ。

「お兄ちゃん、プレ○テやらせてよー」

 かわいい声で甘えながら、孝司の部屋のドアを開けた。だが、部屋の中には誰もいない。

「あれえ……変だなあ、コンビニにでも行ったのかなあ」

 朋美が首を捻りながらそうつぶやいた、次の瞬間。

 ドアの陰から出現した人影が、後ろから朋美の小さな身体を羽交い絞めにした。もちろん、兄の孝司に決まっている。孝司は妹の口を掌でふさぐと、そのまま後ろから抱きかかえるようにして、かたわらのベッドにドサッと倒れ込んだ。

「お兄ちゃん、なにするの!? やめてっ、いやっ、変なことしないで!!」

「おー、相変わらずオッパイはぺったんこだなあ……○年生でこんなペチャパイなんて、男子でもいないんじゃないか? うわっ、乳首だけはすげー勃ってるよ、これってどういうことなんだ?」

「やだあああ! エッチなことしないでよー、ママに言いつけるからね!」

「おお、いいぞ、おれもおまえの秘密をバラしてやるからな。おまえ、毎日オナニーばっかりしてるだろ。お風呂でやってベッドに入ってもやって、週に二十回はアソコをいじくりまわしてるよな。このごろは、おれがいない時にプレ○テのコントローラーを振動させてマ○コに当てて喜んでるだろ。ちゃんと写真も撮ってあるんだからな」




 朋美のTシャツはまくり上げられ、ぺったんこの胸とビンビンに勃起したB地区が丸見えになっていた。孝司の指はじりじりとミニスカの中に伸びてきた。パンツの上から小○生のワレメをじらすようになぞり、アヌスまで達するとまた元の道をゆっくりと戻ってくる。三往復ほどで、朋美の股間には恥ずかしいしみが浮かび上がってきた。

 孝司の舌が、朋美のピンク色の乳首を突っつくように舐め上げる。指先は一番敏感なお豆を探り当て、白い布地の上から円を描くように愛撫をはじめていた。

「やめてええ……お兄ちゃん、お願いだから、いやらしいことはしないでーーっ」

「すごいなあ、これは……小○生のくせにマ○コがヒクヒクしてるぞ。こんなドスケベな子○もは初めて見たよ。そうだ、朋美はブルブルッと振動するのが大好きだったよな。プレ○テのコントローラーよりもいいものがあるぞ」

 孝司はベッドの下に手を伸ばすと、なにやら妙な道具を取り出してきた。電動マッサージ器、いわゆる電マだ。スイッチを入れると、丸くなった先端の部分が不気味な音をたてて振動をはじめる。朋美はそんな道具を見るのは初めてだったが、使用感が抜群であることは容易に想像がついた。

「ま、待って、待って、そんなのやだよ……こっ怖いよーーっ!!」

「ほーら、朋美ちゃん、天国に昇ろうね」

「やっ、やめてーーーっ!! あっあああああああっ!! ひいいいいっ、ぎもちいいーーーーっ!!」

 股間に電マを当てられた朋美は、孝司の腕の中で激しく背中をエビぞらせてビクンビクンと痙攣した。ものの三十秒もしないうちに、強烈なアクメに達してしまったのである。




 朋美はベッドに横たわったまま、かわいい鼻をふくらませて荒い息を吐いている。全身がびっしょりと汗で濡れていた。

 孝司がおでこにチュッとキスすると、自分から顔を動かして唇への接吻をおねだりした。

「なんだよ、まだするのか?」

「うん、でもちょっと休憩してからね。お兄ちゃん、無茶苦茶するんだもん、朋美疲れちゃうよー。部屋に遊びに来るたびにこれだもんな」

「いやなら来なきゃいいだろ」

「いやなんて言ってないよー。お兄ちゃんに乱暴にされると気持ちいいし、ドラマのエッチなシーンみたいで面白いよ。でもさ、ひどいよお兄ちゃん。こんないいものを隠しとくなんて。これってすごいねー、ねえ、朋美に貸してよ」

 朋美は電動マッサージ器を取ると、スイッチを入れて自分の頬に当てた。小○生のツルツルの肌が、電マの振動でブルブルと震える。

「貸してもいいけど、おまえただでさえオナニー中毒だからなあ。バカなのがもっとバカになるぞ。朋美の成績が下がったら、おれの教え方が悪いって母さんに怒られちゃうんだよな。週に二十回もオナるのは、さすがにやりすぎだよ」

「二十回もしてないよー。そりゃ十五回はしてるけど……これからは一日二回以下で我慢するからさ、いいでしょー。そのかわり、お兄ちゃんのをアレしてあげるからさ」

 朋美は身体を起こすと、孝司のズボンのチャックに手を伸ばした。

「なにが『そのかわり』だよ。チン○ンに触りたいだけのくせしやがって!」

「あはは、バレてます?」




 孝司の勃起した男性自身は、朋美の小さな口にはとても入りきらない。懸命に口を開いても、亀頭をくわえるのがやっとだ。しかし小○生の柔らかい舌の感触は天下一品である。懸命だがぎこちなく下手くそなフェラは、男のSっ気を刺激するのに十分だった。

 ベッドに横たわった孝司の上に、朋美がシックスナインの姿勢で覆いかぶさっている。朋美はオッパイこそぺったんこだが、下半身の充実度はすばらしかった。腰までまくり上げられたミニスカから露出した巨尻と太股のボリュームは、その辺のJCと比較しても引けをとらなかった。

 孝司の舌は、朋美の汚れのないアヌスに攻撃を集中した。

「だめだよお兄ちゃん! お尻はだめなのぉ!! いやあああ、恥ずかしいよお!!」

「おら、どうした、お口の方がお留守になってるぞ」

 朋美のアヌスは敏感であると同時に、小○校高学年の女子にとって最も恥ずかしい箇所でもある。あるいは性器以上に見られたくない場所かも知れなかった。孝司はそれを知っていて、わざと集中的に責めているのだ。

「お願い、お願いだから、お尻はやめてえっ!!」

「じゃあどこがいいんだ? んーー、言わないとやめちゃうぞ。やめてもいいんだな?」

「やっ、やだあああっ、お豆さんを!! 朋美のお豆さんを舐めてください!!」

 孝司の舌が少女の陰核包皮を押しつぶすように責めたて、やがて露わになったクリト○ス本体を吸い上げた。朋美はフェラ奉仕も忘れて、柔軟な身体をのけぞらせながら絶叫した。

「ああーん、そんなに吸ったら!! よすぎるよぉっ!! よすぎてバカになっちゃうよーっ!!」

「おいおい、なにひとりで勝手にイッちゃってるんだ? だれがイッていいと言った?」

 ビシィッ!! 孝司の掌が、朋美の豊かなお尻に打ちつけられた。手のあとがつくほどの平手打ちだ。

「ひいいいっ! それいいーーっ!! ぶって、もっとぶって!! お兄ちゃんにぶたれると、朋美、嬉しくて、嬉しくて、ああっ、また!!」

「なんだよ、叩かれただけでイッちゃったのか。とんでもないド変態小○生もあったもんだな」

 孝司は身体を起こすと、朋美のおかっぱ頭をつかんでイチモツを口の奥までくわえさせた。涙を流して悦び悶える妹のかわいい顔を眺めながら、大量の精を解き放った。



私の好きなAVご紹介コーナー!!
 清楚系のルックスと貧乳で話題の美少女・音羽あみちゃん
 制服オナニーものに登場したぞ
 他の人気女優のみなさんに比べるとまだ貫禄負けしてるかな




タグ : ロリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。