アダルト官能小説 制服美少女快楽地獄

Erotic Novels of Japanese Pretty Girls

Tag電マ 1/1

美少女JCおねだり電マ遊戯!オナニーを覚えたいけない股間

 真理子はひとつため息をつくと、緊張した表情で呼び鈴を押した。 勝手知ったる家なので、別に緊張することはないのだが、前回のいきさつがいきさつだけに……そして、今回の目的が目的だけに、とても平静ではいられないのだった。 すぐに玄関が開いて、修一の母が顔を出した。真理子の顔に浮かんでいる緊張感にはまるで気づくこともなく、いつものように笑いかけた。「あら、真理子ちゃん、いらっしゃい。しばらく遊びに来なかっ...

  •  -
  •  -