アダルト官能小説 制服美少女快楽地獄

Erotic Novels of Japanese Pretty Girls

Tag人妻 1/2

JSの股間に性教育?羞恥プレイで親子丼

 健治が部屋に入ってくると、優子は畳の上に慌てたように座りなおした。 おかっぱの黒髪は乱れているし、白いグン○ンが露わになっていて、その中にスカートの裾がはさまっている。たったいま、慌ててパンツを履いたことは、誰の目にも明らかだった。「ママなら買い物に行ってるよ。わ、わたし、宿題やらなくちゃ」「ふーん、おまえ、またオナニーしてたのか。いくらなんでもやりすぎだぞ、週に二十回くらいオナってるんじゃない...

  •  -
  •  -

熟女ママの破廉恥レッスン!童貞クンはいただきよ その2

 午前中の授業が終わった。 昼休みになり、教室で弁当を食べる者、購買部へパンを買いに走る者、生徒たちはそれぞれに食欲を満たしはじめている。圭介は、いつもなら五月の作ってきた弁当を食べるところだったが、この前の日曜日から五月とは絶交状態だった。 なにしろ、風呂場で母親の良子に尻コキされている衝撃シーンを見られてしまったのだ。 逆上した五月は大変な剣幕で、「不潔っ、最低っ、大嫌いっ、顔も見たくないわっ...

  •  0
  •  -

熟女ママの破廉恥レッスン!童貞クンはいただきよ その1

 日曜日の午後、住宅地は静寂に包まれている。 この日、圭介は五月の家を初めて訪れていた。 一緒に試験勉強をするというたてまえである。もっとも、五月は圭介にとって、学園の先輩だった。五月も成績は悪くないが、圭介の方は学年トップの秀才だ。だからセンター試験の出題範囲である一年生の問題に関しては、もっぱら年下の圭介の方が教え役に回るのだった。 もうひとつ付け加えるなら、圭介と五月は今では単なる先輩・後輩...

  •  0
  •  -

ロリと熟女のご開帳!親子丼を美味しくご賞味 その2

 翌朝。 俺は知佳に対してさらなる作戦をしかけるべく、台所で待ち伏せした。 昨夜は知佳の大股を開かせて、恥ずかしい写真を大量に撮影したのである。さらにフィンガーテクニックによる絶頂も教えてやった。あのお高くとまった知佳がどんな反応を示すのか、考えただけでも俺の男性自身はビンビンに反りかえる。 ところが、やってきたのは母親の節子の方だった。 俺に豊満な身体をぶつけるようにしながら、耳元で恨み言をささ...

  •  0
  •  -

ロリと熟女のご開帳!親子丼を美味しくご賞味 その1

 節子の巨尻はすばらしいボリュームだ。すさまじいと言った方が当たっている。 普段は清楚な未亡人でおとなしい三十路女なのだが、火がつくとわれを忘れてしまうようだ。なにしろ、旦那を亡くしてから八年ぶりにありついた男の生チ○ポである。もう逃したくないという思いで必死なのだろう。 俺はただ後ろを向くように促しただけなのだが、この女は無様に巨尻を突き上げて、マ○毛・ケツ毛ともにボウボウの股間を見せつけるように...

  •  0
  •  -