アダルト官能小説 制服美少女快楽地獄

Erotic Novels of Japanese Pretty Girls

Tagショタ 1/7

美人教師の燃え上がる欲望・教え子の巨根が暴く清純派の正体

長編小説 冥(くら)き淫虐の仮面  第9回前回のお話 野外調教の果てに待ち受ける恍惚!少女悶絶の花火大会 第三章  美姉妹無残・悦楽と恥辱の饗宴「警部、会議の方はいかがでしたか? 捜査本部設置の件については……」「ダメだ。捜査本部は却下されたし、われわれが表だって動くこと自体、慎むようにと釘を刺されたよ。しかし、これはきみの主張が荒唐無稽だという理由からではない。むしろその逆だな。どうもここにきて風...

  •  -
  •  -

JCスケバン凌辱調教!不良少女の剛毛巨尻

 静かな昼下がり、高級住宅街にある邸宅を訪れる人影があった。 この家に住む夫妻は、訪問者を見て驚いた。いつも学園から派遣されてくるのは生活指導担当の屈強な教師だったのだが、今日やってきたのは制服に身を包んだ男子生徒。それも、女の子のように美しい顔をした小柄な少年だったのだ。「校長先生のたっての頼みで、ぼくがお嬢さんと話し合いにきました。これが校長先生からの信任状です」 と耕介は表情を変えずに淡々と...

  •  -
  •  -

女教師お見合いバイブ調教!剛毛披露して恥辱の野外失禁

前回のお話→ 女教師のSM課外授業!新学期だからぶってぶって ここは高級料亭の一室。 見事な築山や植え込みで飾られた庭には、ぽかぽかとした春の日差しが照りつけている。 この静寂に包まれた空間で、美鈴先生は二十数度目のお見合いに臨んでいた。外見的には綾瀬は○かに似た美女であり、学園では清楚な処女として人気のある美鈴だったが、その実態は婚期を逃しかけて焦りまくっているオールドミス。おまけに、教え子の外道・...

  •  -
  •  -

美少女ダブルで乳首責め!ショタのアソコにオナニーレッスン

 天窓から午後の日差しがうっすらと差し込んでいるが、部屋の中は薄暗かった。 暗くカビくさい室内に、少女の白い巨尻が浮かび上がっている。むっちりした二つのお肉をかき分けて、真人は汚れのないアヌスに舌を這わせた。小○生女子の肛門が、恥ずかしさと気持ちよさにヒクヒクと収縮する。四つんばいでお尻を突き出した和美も、巨尻に顔を埋めた真人も、下半身だけスッポンポンというなんとも情けない格好で、いまや行為に夢中...

  •  -
  •  -

全裸お仕置き野外調教!変態姉弟禁断の羞恥プレイ

(前回のつづき) 温かい日差しに包まれた郊外の湖畔で、男子中○生が全裸になっている。 水遊びではめを外したと言えば、一応筋は通るかも知れない。しかし事態はそんな生易しいものではなく、全く無駄肉のない雅人の肉体を、義姉の景子がいじり倒しながら耳元で卑猥な言葉をささやきかけ、かたや少年の無毛チ○ポはビンビンに勃起して激しく脈動しているのだ。 雅人の興奮度は頂点に近かったが、いくら中○生とはいっても、上半...

  •  -
  •  -