アダルト官能小説 制服美少女快楽地獄

Erotic Novels of Japanese Pretty Girls

Tagオナニー 1/2

ブラコン女刑事の野外調教・ヒロインの心に眠るショタ食い願望

長編小説  冥(くら)き淫虐の仮面  第13回前回のお話はこちら→ 美姉妹の巨尻を襲う卑劣な遊戯・羞恥の果てに横たわる極限の悦楽「亜矢子君、あらゆる角度から検討してみたんだが、やはりきみの申し出を許可することはできない。犯人のふところに飛び込んで直接接触しようなんて、やはりどう考えても危険すぎる。相手は普通の人間ではない、われわれの想像を超える能力を持った桁はずれの異常者なんだぞ」「しかし、他に方...

  •  -
  •  -

兄萌え美少女オナニー遊戯!暴かれた密やかな快楽

長編小説 冥(くら)き淫虐の仮面  第2回前回のお話 清純JK全裸野外調教・巨尻少女の恥ずかしすぎる行為 第一章 その2 政樹が美里の「兄」になってから、それほど長い月日が流れたわけではない。早くに夫を亡くして未亡人になった美里の母親は、ひとり娘に手がかからなくなるのを待ってから、初老の男性と再婚した。その結婚相手の連れ子が政樹だったのである。 有名私大の大学院に籍を置く秀才、さらにはすばらしい美形...

  •  -
  •  -

清純JSオナニーレッスン!電マで初めてのおもらし絶頂

 放課後、校庭では生徒たちが元気にドッジボールやゴムとびに興じている。 カタカタとランドセルを揺らして、亜矢は小走りに正門を出た。門によりかかるように、瑤子が待っていた。ふたりは低学年の頃からの親友同士で、○年生になって違うクラスになったものの、相変わらず仲がいい。「どうだった? わたしの言ったとおりにやったらうまくできたでしょ」「ううん、だめみたい。やり方がわかんなくて……わたし、才能ないのかなあ...

  •  -
  •  -

JS放課後の好奇心!お仕置きプレイでぶってぶって

 放課後、掃除当番も終わり、生徒たちは帰宅をはじめていた。 美幸は親友の恭子に目くばせすると、赤いランドセルを背負って教室を出た。できるだけ平静をよそおいながら、早足で校庭に出る。ドッジボールに興じる男子、ゴムとびをしている女子たちはいるが、登り棒は誰も使っていない。「やったね、貸し切りだ!」 と美幸は恭子に言った。小○校といっても高学年なので、女子の中には登り棒の快感を覚えはじめている者もいるよ...

  •  0
  •  -

JS妹はオナニー狂い!ブラコン調教で歓喜の絶頂 その2

 体育の授業はプールでの水泳だった。 普段なら茜の大好きな水泳なのだが、今日は気が晴れなかった。もちろん、昨夜英一のオナニーシーンを目撃したことが原因である。大好きなお兄ちゃんの裸を見られたのは大ラッキーのはずだったのだが、こともあろうに英一は、最後の瞬間に志織の名前を呼んで果てたのだ。 茜はショックで一睡もできなかった。 今朝も英一とは目を合わさないようにして、家から逃げるように登校してきた。ど...

  •  0
  •  -