アダルト官能小説 制服美少女快楽地獄

美少女、OL、女教師など清純な女性の痴態! Erotic Novels of Japanese Cute Girls

 健二は屈託のない足どりで廊下を歩いていった。

 上級生・下級生の区別なく、女子たちの視線が健二の顔に注がれる。女の子と見まちがうばかりの美少年であるうえに、学園始まって以来の秀才だから、それも無理のないことだった。もちろん、外見の美しさから性格を推しはかることはできない。ましてや、彼が特異な趣味と特技の持ち主であることなど、誰ひとり想像もしないのだった。

 生徒会室のドアを開けると、健二は中に入った。室内では、生徒会長の優子が、他の生徒会役員たちと話し合っていた。健二の姿を見て、優子はすっくと立ち上がった。学園随一の才媛らしく、優雅な動作である。長い髪、古風な黒縁の眼鏡が、いかにも冷静沈着なお嬢様という風情を引き立たせている。

「あら、あなた……たしか写真部の部長さんだったわね。何かご用?」

「はい、文化祭の予算について質問したいことがあったもので……」

「そう? じゃあちょっと待ってね、いま関係書類を捜すから」

 優子は後ろを向いて、書類戸棚の中を探りはじめた。そのとき、昼休みの終わりを告げる予鈴が鳴って、生徒会役員たちはあわただしく部屋を出て行った。

 健二は優子に近づくと、むっちりした下半身を覆うスカートを、いきなり乱暴にまくり上げた。良家の令嬢らしい清楚な白パンツが出現した。

「ああっ、だめ!! だめよ、学園でこんなこと……もういやよ、絶対にいや。終わりにしましょう。これ以上そんなことするんなら、わたし、わたし……覚悟があります!」

「先輩がいやだというんなら、僕は何もしませんよ。わかりました、それじゃ、今日で終わりにします。だから、最後にもう一回だけ、ね、いいでしょう、先輩」

「あっ、くっくうっ、耳は……耳はだめえ……今日だけよ、一回だけですからね……」

 優子がしぼり出すようにそう言ったとき、健二の指はすでに少女の白パンツのゴムにかかっていた。豊満な尻、そして太股の上をこれ見よがしに引き下ろして、足から引き抜くとすかさず匂いをかいだ。

「うわあ……なんだこれ、グショグショですよ、先輩。授業中、ずっとエッチなことばかり考えてたんですね。生徒会長がアソコを大洪水にして、他の生徒たちに申し訳が立つんですか? 罰としてパンツは没収しますからね」

「ああん、じらさないで、はやく、はやくイカせてください! オナニーじゃ満足できないの、健二クンにイカせてもらわないと、本当には気持ちよくなれないんです! お願いですから、お豆さんを……わたしのいやらしいお豆さんをいじってください!」

「さあて、どうしようかなあ。もう授業が始まるし……もう終わりにしようって言い出したのは先輩だしなあ」

「い、意地悪言わないで! ここでやめられたら、わたし、気が狂ってしまうわ!」

 にやりと笑った健二の指が、じらしにじらした末にやっと優子の股間に伸びてきたとき……五時間目の開始を告げるチャイムの音が鳴り響いた。



 健二の特技は女を絶頂に導くことである。これは生まれついての才能というほかなかった。

 生徒会長の優子が、健二の毒牙にかけられたのは三ヶ月ほど前のことだった。

 真面目一方でオナニーすら知らなかった少女が、一足飛びに極限のエクスタシーを覚えたのである。しかも、健二の生まれ持った悪魔のようなテクニックにさらされ、普通の女性が何十年もかけて味わう快楽を短期間にむさぼりつくすことになった。少女が快感の虜になるのは当然のことである。



 放課後、優子と健二は肩を並べて、校庭の脇を外れまで歩いていった。

 ふたりとも、手には運動会に使う旗やプラカードを抱えている。これはどこからどう見ても、いらなくなった用具を片づけているようにしか映らない。

 他の生徒に挨拶されると、優子はいつものようにお高くとまった仕草で「ごきげんよう」などと返すのだが、そのじつスカートの下にパンツは履いておらず、股間はビショビショに濡れまくって愛液が太股から垂れているありさまである。

 昼休みの愛撫では寸止めを連発されたあげく、ついに絶頂にはいけずじまいだったので、いまや優子は欲求不満のあまりキレる寸前の状態だった。それを全く表情に出さないところが、さすがにお嬢様であり生徒会長であるといったところだ。

 校庭の一番奥にあるプールの裏手にまわると、プールサイドの下が用具置き場になっている。校舎脇にある体育倉庫には運動部員たちの出入があるが、こんな外れまでやってくる生徒はまず存在しないと言ってよかった。

 用具置き場に入って扉を閉めると、優子は持っていた道具を投げ捨てて、健二の首にすがりついてきた。積極的に唇を重ね、女の方から舌をねじ入れてくる。すさまじく濃厚で激しい接吻である。

 れろれろっ、ぬるっ、ぬちゃっ! 少年と少女の舌がいやらしくからみ合い、唾液を交換し合った。

「ああーっ、あふううっ、くださいっ!! もう生意気なことは言いませんから、健二クンに絶対服従を誓いますから、はやくっください!!  お願いですから、ズコズコッて突きまくってメチャクチャにいかせてくださいっ!! ああーん、何してるのっ、したいんでしょっ!! していいのよ、犯してよっ、はやくうっ!!」

 背中を向けた優子は自分からスカートをたくし上げた。白い豊満なヒップが、薄暗い室内に浮かび上がる。そのままぐっと尻を突き出して、飛び箱に両手を突くと股を半開きにした。生徒会長の立ちバックおねだりだ。



 チャックを下ろして、美少年顔には不似合いなほどの巨根を取り出しながら、健二はまだじらしプレイをやめなかった。

「えー、ボクわからないや、何をどうすればいいんでしたっけ? はっきり言ってくれませんか、先輩……えっ、言えないんですか? じゃあ僕、塾の時間だから帰りますね」

「くっ、ま、まだそんなことを……かわいい顔して、あ、悪魔、鬼っ……言います、言いますから! お、オチナ○ン……健二クンのたくましいオチン○ンを、優子の、す、スケベなマ○コに……ぶち込んでください……い、言ったわよ、言ったんだから、ケチケチしないで!! はやくっ、はやく頂戴よ!!」

「まあいいでしょう、先輩にキレられても困りますから、特別に入れてあげますよ」

 健二は生徒会長の充実しきった巨尻を引き寄せると、イチモツを女性の奥深くまで突き入れ、微妙な回転をまじえながら激しく腰を打ちつけた。

 ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ!!

「あっ、ああああっ、あんっ、あんっ、いくっ、いくいくっ……ああっ、またっ、またいっちゃうっ、なにこれっ、止まらない、わたし何回でも……だめよ、だめ、よすぎるっ、よすぎて、しっ死んじゃうーーっ!! ひああああっ、またあっ、もうやだっ……」

「うわー、じらしすぎたせいか、先輩のマ○コ、完全にバカになっちゃってますね。こんな女子○生はじめて見ましたよ。これでお嬢様とか生徒会長とか威張ってるんだから、とんでもないですねー。今日は別れるとか言われて腹立ったから、中に出しちゃいますよ」

「だめよ、中はだめ!! 絶対に、絶対に外に出して!! あっ、あっ、あん、あん、外に、外にっ」

「ええっ、なんですか? 奥に? 絶対奥に出すんですね、わかりました」

「そんなこと、言ってないっ、いっ、いっ、いっくーーーーっ!!」

 ドクン、ドクン、ドクン、ドクン……。

 ふたりがすさまじい恍惚に震えたそのとき、生徒の下校をうながす放送が遠くから聞こえてきた。



こういちの☆AV名作劇場!!
 わが青春のAVをご紹介するこのコーナー
 今日のお題は究極のアイドル・愛内希クンだっ(どんどんどん、ぱふっぱふっ)
 やはりモザ入りだと地味になってしまいますけど、これは名作!
 なにしろ俺が百回以上オカズにした一作ですからねー

愛内希

 詳細ページはこちら!!→ 愛内希 その笑顔もエロさも全部生中出し


タグ : 美少女


 昼休みになり、生徒たちは校庭でドッジボールやサッカーに興じている。

 歓声と明るい雰囲気に包まれた敷地内にあって、美沙はただひとり、鉄棒の支柱にもたれてぼんやりしていた。小柄だがキリッとした目が印象的な、普段はいたって明るい少女である。それがこのところ、妙に言葉数も少なく沈みがちだった。

 そんな美沙に話しかけたのが、親友の良恵である。優等生で冷静沈着タイプ。育ちもよくてクラス委員も務めており、引っつめ髪に銀縁の眼鏡がよく似合う。

「ねえ良恵……このこと、誰にも喋らないって約束してくれる? こんな恥ずかしいこと、ママや先生に知られたら、わたし……」

「なに言ってんの、あんたとわたしの仲じゃないの。誰にも喋るわけないよ! 全部話しちゃいなよ!」

「じ、実はね……」



 美沙の両親は早くに離婚して、長いこと母と娘の二人暮らしだった。ところが、数ヶ月前に縁談があって、ある会社の重役をしている男性と、母が再婚したのである。その男性は母親よりもかなり年配で、大学生になる息子がいた。○学○年生の美沙よりもかなり年上の兄ができたことになる。

 新しい父親も兄もそろってなかなかのハンサムで、やさしそうな雰囲気だった。これからの幸せを予感させながら、新しい家族の初日の夜は更けてゆき、美沙は眠りについた。

 ふと目が覚めたのは、明け方近くになってからのことである。

「えっ、なに? なんなの?」

 一体何が起こっているのか、美沙にはしばらく理解できなかった。やがて頭がはっきりしてくると、自分にライトが当てられていることが分かった。その光の中に、自分の姿がくっきりと浮かび上がっている。

 なんとしたことか、美沙はパジャマもパンツも脱がされて全裸になっていた。しかも、M字に大股を開いて、女子の一番恥ずかしい部分を全開にしているのだ。

 そして、その足元では……。

 新たに美沙の兄になった大学生の孝介が、デジカメを構えてしきりにシャッターを押している。

「お、お兄ちゃん……なに? なにしてるの?……い、いやよっ、いや!! そんなところ、写真に撮らないでっ!! やめてえっ、恥ずかしいっ!!」

「もう何十枚も撮っちゃったよ。美沙ちゃんって、ちびっこのくせにもう毛が生えかかってるんだね。○年生なら、そろそろオナニーを覚えた頃かな? 今度はお豆さんの感度を調べてみようね」

「えっ、ええっ? なにするの? そんな……そんなところ、触っちゃだめだよ、オシ○コするところだよ……やめてっ、やめて、お兄ちゃん!!」

「ここはオシ○コするだけの場所じゃないんだよ。保健体育で習っただろ? これは女の子が気持ちよくなるためのスイッチなんだよ」

「あっ、ああっ、ええっ? なに、なにこれっ!! アソコが、アソコがーーっ!!」

 これまで幾多の少女を手玉にとってきたロリ○ンの孝介である。美沙を初めての絶頂に導くまでに、さして時間はかからなかった。その日から、美沙はさまざまな恥ずかしいポーズを強要されて写真を取られ、股間を弄ばれるという毎日を繰り返していた。誰かに相談しようにも、すでに何百枚もの局部写真を撮られているという弱みがある。さらに、孝介の愛撫によって引き起こされる快感はすさまじく、今の美沙はその気持ちよさの虜になっているのだ。



「こんな無茶苦茶な話がありますか? 完全に犯罪ですよ! ただではすみませんよ!」

「分かったよ、いたずらが過ぎたことは認める。デジカメの写真も全部消去するから……」

 孝介の部屋で、良恵は大変な剣幕で怒りまくっていた。優等生で学級委員タイプだけに、理路整然とした口調は大学生をも黙らせる説得力がある。

「あなたの言うことは信用できません。私が消去します。デジカメはどこにあるんですか」

「その後ろの棚に置いてあるよ」

 と言われて、思わず振り向いたのが悪かった。敵に背中を見せるところなどは、やはりまだまだ○学生である。孝介はすかさず少女の華奢な腕を後ろからねじり上げると、ガチャリと手錠をかけた。良恵は前方につんのめり、むっちりとしたヒップと太股がロリ○ン男の前にさらけ出される格好となった。

 孝介は良恵のミニスカをこれ見よがしにまくり上げると、豊かなお尻を覆っている白パンツをするするとずり下ろしていった。無惨にも露出したアヌス、そしてオ××コを、スマホで容赦なく撮りまくる。

「いやっ、いやあああああっ!! 助けてっ、誰か来てえっ!! はっ、恥ずかしい……」

「おー、こりゃすげーや、もうケツ毛まで生えてんのか。バックもいいけど、やっぱりマ○コは前から撮らなきゃなー。さーて、パックリ大股開いてもらいましょうかねー」

「やめてえっ、だめえええっ!! 変態、ドスケベ、けだものーーっ、絶対許さないから!!」

「そんなこと言っていいのかな? このボタンひとつ押したら、きみの恥ずかしいマ○コ写真がネットにバラまかれちゃうんだよ。きみはエッチな小○生として世界中で有名になっちゃうねー。そうなると、もうお嫁にはいけないなー」

 そう言いながら、孝介はズボンのチャックを下ろした。ギンギンに怒張した男性自身が、天を衝かんばかりの勢いで飛び出してくる。

「ひっ、ひいいいっ……いやっ、いやよ……セックスは、いやあっ、それだけは、許して……」

「心配するな、本当に入れやしないよ……さしあたってはな」

 孝介はイチモツを良恵の太股にはさむと、モリ○ンの上を滑らせるようにピストン運動を開始した。いわゆる素股プレイである。膨張した亀頭が少女の陰核○皮を押し込み、蹂躙してからゆっくりとくすぐるように引っ込んでゆく。両者の愛液が絶妙の潤滑油となり、摩擦運動を加速度的に速めていった。

「ああっ、ああああっ、あっ、あっ、そんなっ!! いやなのに、わたし、いやなのにっ!!」

「オナニーより百倍もいいだろう? きみがお豆いじりの大好きな女の子だってことは、一目見て分かったよ」

「ひっ、ひいいっ、飛んじゃうっ!! わたし、わたし、飛んじゃうよーっ!!」



 良恵が絶頂感とともに激しくエビ反るのを眺めながら、孝介は少女のお腹の上に白い液を放出した。

 いつの間にか、孝介の肩に後ろから美沙が抱きついている。

「ね、わたしの言ったとおりでしょ。良恵って、真面目な顔して隠れドスケベなんだよね。たぶん、こうなるのを期待して来たんだよ。わざわざ一番かわいいパンツ履いてたしねー」

「またおまえの友達で、よさそうなのがいたら連れてきてくれよな」

「うーん、いいけどー……たまにはわたしもかわいがってよね! お兄ちゃん、このごろちっとも美沙をかまってくれないんだから」

 いたずらっぽく笑うと、美沙はスカートの中に手を入れて、するするとパンツを引き下ろした。



こういちの☆AV名作劇場!!
 今回から国内ものにシフトして再スタートしまーす
 まずは俺のオールタイム・ベストワン作品からご紹介しよう
 ぽっちゃり時代の伊藤青葉こそ、擬似ロリAVの最高峰である!
 この種の作品はモザイク入りだとインパクト不足になってしまうけどね

伊藤青葉

 詳細ページはこちら→ 伊藤青葉 Honey Pot 10 AOBA

タグ : 美少女 陵辱


 夕暮れ時、いつものように大学の講義を終えて帰宅した政樹は、二階にある自室のドアを開けた。

 すると、これまたいつものように……というか案の定というべきか、従妹の亜紀が部屋の中にいた。床の上に膝をついた状態で、右手はグン○ンの中に突っ込まれ、リズミカルに股間をまさぐっている。おかっぱの髪型にぽっちゃり系で、某・有名子役ふうにかわいい小○生なのだが、いまやあられもないブサ顔全開である。

 そして床の上には、政樹が隠しておいたはずのエロ本がしっかり広げられている。JSがエロ本をオカズにオナニーしているという、いわばとんでもない光景なのだが……政樹はもうこの姿を見慣れていて、苦笑しか湧いてこなかった。

 地方出身の大学生である政樹は、親戚の家に下宿している。この家の娘、従妹にあたる○学○年生の亜紀とは仲良しで、実の妹のようにかわいがっていた。亜紀は両親の前では真面目っ子として猫をかぶっているが、実はとんでもないエロ娘。だからエッチ星人の政樹とは特に馬が合うわけだが……。


 エヘンッと咳払いすると、ようやく政樹に気づいた亜紀が、びっくりしたようにこちらを向いた。

「ああっ、お兄ちゃん! おかえりなさいっ、いっ、いっ、いっくーーーっ!!」

 亜紀はかわいい顎をのけぞらせて、びくびくっと全身を震わせた。小○生女子の昇天である。

「しょうがねーなあ、こんな本まで引っぱりだしてきて……絶対見つからないように隠しておいたんだけどなあ。おまえ、部屋じゅうかきまわしてんのか?」

「だってえ……見たくてしょうがなかったんだもん。隠す方が悪いんだよー。分かってるよー、お仕置きでしょ」

 真赤に上気した顔でそう言うと、亜紀は自分からスカートをまくってパンツをずり下げた。小○生にしてはむっちりと豊満なプリケツが出現した。こういうときにはお尻を叩いてお仕置きするのが決まりなのだが、このところ亜紀は叩かれるのが快感になってきているようだ。スパンキングをおねだりして、丸出しのお尻をふりふりしている。

「もういいよ、バカバカしい。その本おまえにやるから、自分の部屋で好きなだけオナッてろよ」

「へー、そんなこと言っていいんですかねー。今度の日曜日、お兄ちゃんの大好きな智美を連れてこようと思うんですけど」

 それを聞いて、政樹は身を乗り出した。智美は亜紀の親友で、活発な亜紀とは違って深層のお嬢様タイプ。しかもスレンダー美少女だ。ロリ○ンの政樹にはまさに大好物である。

「智美ってね、あんな顔して隠れドスケベなんだよ。オナニー教えたら中毒になっちゃって、一日に何回もやってるんだよ。それでさ、お兄ちゃんにしてもらうとオナニーより百倍も気持ちいいって言ってやったら、マジで興味持っちゃってんの。だからねー、交換条件ってことでお尻ペンペンしてもらえませんかねー、ダンナ」

「わーかったよ。そのかわり、絶対連れてこいよ、嘘ついたらお仕置きだぞ。といっても、ドMの亜紀にお仕置きしても意味ないのか……」



 さて、日曜日である。

 約束どおり、亜紀は智美を家に連れてきたのだが……悪いことに、亜紀のピアノのレッスンがこの日にずれ込んでしまった。母親はこういうことに厳しいので、サボったことがバレたら無茶苦茶なお小言を食らってしまう。

「まだなにもしちゃダメだよ! わたしが戻ってくるまでおとなしく待っててね!」

 と言い残して、亜紀はバタバタと出かけていった。部屋に残されたのは、政樹と智美のふたりである。

 政樹はごくりと唾を飲んだ。真っ白な肌に三つ編みの髪、深○ョンの少女時代を思わせるキリッとした美少女ぶりに、すでに愚息はジーパンの中でギンギンに膨張している。もちろん、こんな上玉を前にしておあずけを食うような男ではない。

「それじゃ、うるさいバカがいなくなったところで、キスからはじめようか」

 緊張で固まっている智美を引き寄せると、包み込むように抱きしめた。もちろん何の経験もない智美だが、ドラマなどでなんとなく見たことがあるのだろう。ぎきこちなく目を閉じて、かわいい唇を突き出した。

 ちゅっとファースト・キスを奪ってから、徐々に激しく顔を押しつけ、割って入るように舌を侵攻させていく。驚いてびくっとなった智美は軽く抵抗したが、すぐにぐったりと力を抜いておずおずと舌で応戦しながら、小さな手を政樹の背中に回してきた。少女の身体をやさしく床の上に押し倒すと、じらすようにTシャツをたくし上げていく。膨らみかけた胸、そして陥没したピンクのB地区に、政樹の舌が無慈悲に下りていった。

「ああっ、だめ、そこダメです! やあああん、お、オッパイは、やめてええっ」

「うわー、おとなしそうな顔して、智美ちゃんはエッチだなー。乳首がすごい勃ってるよ、ほら、見てごらん」

「えっ? あっ、い、いやああああっ、ウソ、ウソよっ」

「さあーて、肝心のアソコはどんなふうになってるのかな? 亜紀に聞いたんだけど、智美ちゃんってオナニー中毒なんだってね」

「もう、亜紀ったら、そんなことまで……あっ、だめえええ、パンツは、パンツはダメなのーーーっ、いやっ、いやああっ」

 と口では抵抗しながら、智美は自分から華奢なお尻を持ち上げた。いかにも育ちのいい小○生らしい綿パンがするりと引き下ろされる。政樹は智美の両足を担ぎ上げるように大開脚させ、秘部に顔を近づけて観察した。

「見ないで、そんなところ見ないでえっ……はっ恥ずかしい、死んじゃうーっ!!」

「つるつるかと思ったら、結構生えてるんだな。あー、陰核○皮が腫れ上がってるね、これは毎日いじりすぎだな。でもまだ本体を触ったことはないみたいだね。亜紀はこれやったら腰抜かしたけど、智美クンはどうなるかなー」

「ええっ、なに、なにっ? あっ、ああっ? やっ、やああああああっ!!」

 初めてむき出しになったクリト○ス本体が、政樹の凶悪な舌による愛撫にさらされた。それから後のことを、智美はほとんど覚えていなかった。オナニーとは比べものにならない快感の波に飲み込まれ、ヒイヒイと泣きながら政樹にしがみついたところで、記憶が飛んでしまったのだ。

 気がつくと一時間ほどが経過していて、なぜか床がぐっしょりと濡れていた。智美は政樹のクンニで四、五回も絶頂に達し、最後に失禁してしまったのだが、当の智美はそんなことは知る由もない。

「それじゃ、今度はふたりで一緒に気持ちよくなろうか」



 ピアノのレッスンを終えると、亜紀は全速力で帰宅した。

 慌しく政樹の部屋のドアを開ける。

「おまたせーっ!! ……ちょ、ちょっと!! なにしてんのよっ、約束が違うじゃない!!」

 床の上に横たわった政樹の上に、お尻丸出しの智美が乗っかっている。まさにシックスナインの真っ最中だ。智美の小さな口が巨大な男性自身を必死にくわえ込み、かたや政樹の舌は小○生の性器とアヌスを縦横無尽にいたぶっていた。破廉恥行為に夢中になったふたりは、亜紀が帰ってきたことにも気づいていない。

「こらーっ、わたしをのけものにするなーーーっ!!」

 亜紀がもどかしそうにパンツを脱いだそのとき、政樹と智美は同時にうめき声を上げて、絶頂の歓喜に身体を震わせた。



こういちの☆AV名作劇場!!
 このコーナーでは青春のズリネタを懐メロ的にご紹介してきましたが、
 外野がうるさくなってきたので、もう海外サイトはやめたっ!一切やめたぞ
 次回からは国内もので地味にいきまーす 楽しんで読んでくれた方、ゴメンチャイ

プレイガール

タグ : 美少女


 とあるマンションの一室。

 由美子はコートのポケットから合鍵を取り出すと、ガチャリと玄関のドアを開けた。勝手知ったるよその家に平気で上がり込むと、廊下をズンズンと歩いて、突き当たりにある部屋に滑り込んだ。

 ここは健介の勉強部屋である。思ったとおり、健介はベッドの上で大の字になっていい気持ちで眠っている。いかにも高○生男子らしい、あどけない寝顔だ。

 由美子は健介のつるつるした頬を突っついてクスクス笑い、ふいにコートを脱いだ。

 なんと、その下にはエプロン以外に何も着ていない。若い娘にはあられもない、正義の裸エプロン状態だ。そして、片手にはデジカメを持っている。常識で考えれば痴女そのものだが、健介の家ではこのところ、こうしたプレイ(?)が当たり前のことになっていた。

「うーん、やっぱりまずは、男の子の元気な朝勃ちを記念撮影しなきゃねー」

 と訳の分からんことをつぶやいた由美子は、健介のパジャマのズボンを脱がしにかかった。ブリーフを軽く引き下ろしただけで、ギンギンに勃起した男性自身が天を衝かんばかりに直立した。

「おー、今日も勃ってるねー。タワーリング・インフェルノ、東京スカイツリー、神をも畏れぬ直立不動だね」

 少年のイチモツをいろいろな角度から撮影して、さらに由美子はナニに頬ずりすると、根元から亀頭に向かって舌先でチロチロと舐め上げていった。

「軌道エレベーター、上昇しまーす」

「うわあああっ、なにやってんですか、先生! しかもまた、人の家で素っ裸になって!」

「素っ裸じゃないもーん、裸エプロンだもん。男の子はこういうの大好きなんでしょ。健介クンに元気になってもらいたくてこの格好してみたんだけど、下半身はもともと元気だったみたいね、ちょっと残念」

「いや、元気とかなんとかじゃなくて、これは男の生理現象であって……うわっ、朝からくわえちゃダメだからっ! こんなことばかりやってるから、僕たちこのところ毎日遅刻してるんですよ。昨日、校長先生に怒られたの、もう忘れたんですか!」

「あんなハゲチャビン、関係ないもん。先生、朝御飯まだなのよ、健介クンのミルクいっぱい飲ませてー」

「だから、そういうことはやめなさい!」



 由美子は同じマンションに住んでいる。健介が通っている学園の英語教師だ。

 数ヶ月前、健介の両親は仕事の都合で海外に赴くことになった。高○生の身で一人暮らしをすることになった健介の、保護者代わりに指名されたのが由美子だった。なにしろ学園の教師であるし、すぐ近所というのも都合がいい。真面目で清楚な印象の由美子は、健介の両親から絶大な信用を得ていたのである。

 それが大きな間違いだった。

 健介と由美子は、学園で人目を忍んで乳繰り合う仲だったのである。

 自宅で堂々とエッチできるようになると、由美子の暴走は止まらなくなってきた。もともと真面目一方のカタブツ女だっただけに、反動でブチ切れた状態だ。もっとも、無類の女好きで、学園の教師や女生徒に次々と手を出してきた健介にしてみれば、ちょっと遊びのつもりで処女を奪っただけの話だったのだが……。

「真面目な人間が切れると怖いなあ。由美子先生があんな無茶苦茶なドスケベだったとは……。なんとかしてブレーキをかける方法はないもんだろうか」

 ぶつぶつとつぶやきながら、健介はパジャマを脱いだ。といっても、下半身は由美子によって露出させられているのだが。

 制服を着ようとベッドから立ち上がると、開け放たれたドアの向こうから、シャーシャーと水音が聞こえてきた。浴室で由美子がシャワーを浴びているのだ。

「でも誘惑には勝てないんだよなー。これも男の生理現象というやつです」

 健介は手に取った制服を放り出し、シャツを脱いで全裸になった。



 シャワーの湯はさきほどから際限もなく流れ落ちている。

 浴室の床に座り込んだ健介と由美子は、壁にもたれて並んだ体勢で、お互いの舌を激しく吸い合っていた。

 れろれろれろっ、ぴちゃぴちゃ! にゅるっにゅるっ! 男女の舌と舌が軟体動物のようにいやらしくからみ合う。これはもはや、舌を使っての濃厚なセックスと言ってよかった。

 健介の手は由美子の小ぶりな乳房を愛撫し、さらに下へ下へと侵攻を進めていく。由美子の指も、それにならうように少年の乳首をまさぐっているが、まだまだ技術的にはぎこちなかった。

「ああーん、健介クン、テクニシャンすぎるよ! こんなこと、どこで覚えてくるの? わたし以外の他の女の子と、毎日エッチしまくってるんじゃないの?」

「全部先生のためなんですよ。先生に気持ちよくなってもらうために、他の女を使って鍛えてるんです」

「もう、そんなこと言って、女ったらしなんだからっ! 先生は健介クンに処女を捧げて、ずっと健介クン一筋なのにっ!!」

 ふたりの指がおたがいの秘部に伸びていった。教師と生徒のけしからん性器相互愛撫である。舌と舌は依然として、れろれろ・ぴちゃぴちゃと執拗にからみ合いつづけている。男と女の我慢汁が、床の上で混ざり合いながら流れていった。



「ねえ、もう入れていいでしょ? 先生もう我慢できないの、健介クンのペ○スがほしいの! いいよね、入れてもいいよね!?」

「あー、でもー、もうこの辺でやめないと遅刻しちゃうしなー。今日はクラスの女の子に中出しするつもりだったし、先生に出しちゃうのはもったいないなー。年増のマ○コよりJKの方が締まりもいいし、ケツも垂れてないし」

「いっ、意地悪言わないでっ!! ここでやめられたら気が狂っちゃう、授業になんかならないわよ!! 昨日なんか、職員用トイレでずっとオナニーしてたんだからっ! もうやだっ、はやく頂戴っ、オチ○ポ、オチ○ポを先生の黒マ○コにぶち込んで頂戴っ!!」

 完全にキレた由美子が、大声で隠語を絶叫しはじめた。このままでは近所に聞かれてしまうだろう。健介は由美子の口を手でふさぐと、背面座位で結合することを許可した。狂喜した由美子は、あられもないガ二股の体勢でズボズボと腰を沈めていった。

「入ってくるーっ!! 健介クンのたくましいペ○スが、わたしのマ○コにっ!! あひいいっ、いいよっ、よすぎるーっ!! 聖職者であるわたしの一番恥ずかしい部分を、教え子のオチン○ンがグチャグチャにかき回してるのっ!! 何も考えられないっ、懲戒免職になってもいいのっ、精子が、健介クンの精子がほしいの!!」

「おー、朝からマジ逝きですか、先生。腰の動きが半端ないですよ、聖職者がこんなことでいいんですかねー。でも、年増の垂れかけたケツもたまにはいいなー。せっかくだから、登校前の同時昇天といきますか」

「ああああっ、いいっ、いいっ、一緒に、一緒に、いくっ、いくいくいくーっ!!」

 硬直したまま痙攣している由美子の奥深くに、健介は「そらよっ」と声をかけながら精を解き放った。

「まずいなあ、完全に遅刻ですよ、先生」

「も、もういい……一時間目は自習でいいよ、どうせ、腰が抜けて立てないから……こっちも、ふたりで自習しよっか」

 床の上に倒れこんだまま、ふたりの舌が再びぴちゃぴちゃとからみ合った。



安心の月額見放題動画でヌキヌキ!
AVステーション

タグ : 女教師


「お祖父さまは変わった好みをお持ちでして……お孫さんのあなたにも、同様の趣味があると聞きましたので、今回は最高の素材を用意いたしました。きっとお気に召すことと思いますが」

 案内人は通路を歩きながら、隆志に話しかけた。古びた洋館の奥に行き当たると、一室のドアを開ける。部屋の中に座っている少女を見て、隆志は思わず驚きの声を上げた。

「正気ですか? 確かに、僕はじいさん譲りでロリ○ン趣味の持ち主ですが……あれはどう見ても小○生ですよ。いくらなんでも、あんなのを相手にするのはまずいでしょう」

「いえ、小○生に見えますけど、実は18歳なのです。ですから、お好きなようにやっちゃっても合法です。えー、一応、親がギャンブル依存症で、その借金のカタに連れて来られた○学○年生……という設定になっています。基本的に何をやってもいいですが、挿入だけはご遠慮ください。まだちょっと無理ですんで」

「無理ってなんですか? 18歳なんでしょ」

「あー、その、り、リアリティを出すために、そういう設定にしているという意味です」



 ここは緑に囲まれたリゾート地。古びた大きな一軒家である。

 祖父の財産を相続した隆志は、ある企業の株主優待イベントに参加した。ある種の性的なサービス、高級ソ○プのようなものと聞いてやってきたのだが、その実態はかなりマニアックなプレイだったようである。まったく、じいさんのロリ○ン趣味にも困ったものだ、と隆志は自分のことを棚に上げて思った。

 案内人の男が行ってしまうと、隆志は少女に近づいた。なかなかの上玉だ。怯えたような、おどおどした表情はとても18歳には見えない。膝小僧にすりむいた傷の跡があるところなど、芸が細かいではないか。

「きみ、往年の薬師丸ひ○子みたいにかわいいねえ。名前は何ていうのかな?」

「あの……エリカです。おじさん、誰? ここはどこなんですか」

「おー、なかなかいい芝居してるじゃないか。なんちゃって小○生はこうでないとなー」

 などと言いながら、さっそく隆志はエリカに抱きついて唇を奪い、華奢な肉体を床の上に押し倒した。

「なにするの! やめてドスケベ! 警察呼ぶわよ、おまわりさーん! 誰か来てーっ!!」

「うわー、凄いキンキン声だなあ。確かに感じは出てるけど、18にもなってそれはないだろう。加減ってものを考えろよ」

「18ってなんのこと? わたし、本当に○学○年生……」

「あーあーあー、聞こえないっと」

 隆志はエリカのTシャツをまくり上げた。少女の抵抗は半端ではなく、演技にしてもすばらしい臨場感だったが、もちろん男の力にかなうはずはない。洗濯板のような胸に申し訳程度にくっついた乳首を、唇と舌で執拗に吸い上げる。

「いやああっ、やめてえっ!! オッパイはだめっ! そこ、くすぐったいの!!」

「しかしよくできてるなあ、整形でもしてんのか? 蚊に刺されたあとみたいなB地区って、こういうのを言うんだよなー。さて、こっちの方はどうかな」

 隆志の手が下半身に伸びると、エリカの抵抗は必死さを増した。叫び声も尋常ではない。だがミニスカを剥ぎ取られ、グンパンをずり下ろされるにいたって、顔を覆ってすすり泣きながらぐったりと力を抜いた。この辺のリアクションも、なんちゃって小○生にしては実にリアルである。

「パイパンかと思ったら、生えかけのチョビ髭も再現してるのか。プリプリのモリ○ンがたまらんなー。この乳臭い感じが、いかにもなんちゃって小○生だ、いやー、秀逸秀逸」

「ああーっ、そんな……そんなところを!!」

「これを見せられて挿入なしなんて、ひどい話もあったもんだよ。挿入しないでどうやって楽しめというんだよ。あっ、SMグッズはひと揃えあるのかー、いっちょ縛ってみるかな。さすがになんちゃってJSの縛りはやったことないからな」



 後ろ手に拘束されたエリカは、無駄肉のない幼○体型をがっちりと亀甲縛りで緊縛され、男の前に小ぶりなヒップをさらしている。まさに美少女にはあられもない体勢だ。

 産毛の生えた白いお尻に、隆志は黒光りのするSM用の鞭を容赦なく叩き込んだ。

 ビシッ、ビシッ、バシーッ!!

「ひっ、ひぎいいいいっ!! 痛いっ、痛いようっ!! おじさん、どうしてっ、どうしてこんなひどいことするの!?」

「うわー、エビ反ってるよ。本当のJSみたいに身体がやわらかいんだね。ぷにぷにのケツに鞭が食い込む感触が最高だ。……おっ、なんだよ、マジ泣きしちゃってるじゃないか。いい齢してヨダレなんか垂らすんじゃねーよ。まあいい、ついでだからロウソクも使ってみるか。これはテレビでた○し軍団が使ってる、熱くないロウソクだから心配ないよ」

 熱くないロウソクなどというものが本当にあるのかどうかは知らないが、とにかく隆志はエリカのプリケツに蝋をボトボトと落とした。

「ああああっ!! 熱いっ、死ぬ、死んじゃうっ!! 許してっ、助けてっ、おかあさーん!!」

「なにがおかあさーんだよ、味噌のCMじゃねーんだ(古い)。しかし、いい演技だなあ、こりゃ有名子役も真っ青だぞ。おじさん辛抱たまらんよ、挿入はダメでも、上のお口に突っ込むのは大丈夫なんだろ?」

 隆志は慌しくチャックを下ろして、激しく勃起した大人のイチモツを取り出した。

「ひっ、ひいいっ、なに!? なにそれっ!?」

「もうそういう演技はいいんだよ。この辺でおじさんのオチン○ンを気持ちよくしてもらいましょうか」

「お、オチン○ン? そんなの、嘘だよ! クラスの男子のオチン○ンは、ちっちゃくて、ドングリみたいで……」

「あー、うるせーなー、いつまで小○生みたいなことほざいてるんだよ、さっさとくわえ込めってんだよ!」

「だって……だってわたし、ホントに小○生……むっ、むぐううううっ、ふぐあああああっ!!」

 隆志はエリカのおかっぱの黒髪をつかむと、うむを言わせず男性自身を小さな口にぶち込んだ。

「なんだよ、亀頭しか入らないじゃねーか。うわっ、舌で必死に押し返そうとしてるよ、このザラザラ感がたまらんなあ。もっと裏筋を舐めてくれないか。下側の縫い目のところだよ。そうそう、だんだん様になってきたじゃないか。しかし、実によく仕上がったなんちゃって小○生だなあ、おじさん感心しちゃったよ。ごほうびに、お口の中で大量に出してあげるからね!」

 ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ、ドクドクドクドク……。

「ふうううーん!! ひふーーーん!!」

「そうか、そんなに嬉しいのか。なかなか面白かったから、来年、なんちゃって中○生になった頃にまた来るよ。次は挿入できるくらいに育ってればいいね!」



ポストに返却!のDVDレンタルです
アダルトDVDレンタル